Nigel Cabourn – at 1st floor –

ついに、この日がやってきました。
はるばるイギリスより、ロフトマンコープ梅田へスペシャルアイテムが届きました。

 

umeda-2013-1225-7

DUFFEL COAT
MADE IN U.K.
color:VINTAGE ORANGE
size:46
price:399,000yen

 

umeda-2013-1225-6

イタリア、ビエラにて1881年に綿紡績工場として創業した、老舗生地メーカー「CERRUTI 1881」。

多くの生地メーカーが集うイタリアで、後に創業するロロピアーナなどの有名な生地メーカーの先駆者として、様々な歴史を築いてきました。

1957年にはミラノで紳士服のプレタポルテアパレルラインを発表。そのディレクションを一時期はあの「ジョルジオ・アルマーニ」が担当していました。

また、映画「プリティウーマン」などの衣装を担当していたことでも知られています。

経済事情のため、2010年に香港の高級紳士服を展開する「トリニティ社」によって買収されていますが、イタリアが歴史に誇る生地メーカーとして、国内はもちろんのこと海外へ、そして多くのブランドへその実績と信頼は今もなお受け入れられています。

今回、この「CERRUTI」の100%カシミヤを使い、仕上げられたこちらのダッフルコート。

メルトン顔負けのヘビーウェイトの生地は、上品な装いながら男心をくすぐります。

さらに、木製トグルやリネンロープ、膝下まである着丈そして一枚仕立てなどの仕様は、伝統ある「オーバーコート」としてのダッフルコートを感じさせるクラシカルなデザインです。

クオリティはもちろん折り紙つきですが、ナイジェル・ケーボンのアイテムには必ず“HISTORY”が存在します。

以前、ナイジェル・ケーボン氏がコレクションのとある商品について話して下さっていたときの「お客さまは商品とともに“HISTORY”も買いに来てくださる」というフレーズが印象的でした。

とことん突き詰めたクオリティのために、毎シーズンコレクションを展開しているんだなと、改めて氏のモノづくりに対する“誠意”を感じた瞬間でした。

 

 

今年一年のご褒美に。

これからの人生の相棒に。

ご興味ある方は、是非ご覧になってください。