Patagonia [パタゴニア] M’s Fitz Roy Down Parka -COOP UMEDA 2nd floor-

“Patagonia(パタゴニア)”はフリース、というイメージをお持ちの方も数多くいらっしゃると思います。
それは間違いではなく、1985年にモルデン・ミルズ社と共同開発したシンチラ・フリースから成るフリースの歴史を見ても明らかな事実。
ただ忘れてはならないのは、”Patagonia”は僕たちが取り扱う様々なアウトドア・ギアブランドの中でも幅広いアイテムのバリエーションを持つブランドだということです。

本日は、先日COOP京都店のBlogでも紹介があった[ M’s Fitz Roy Down Parka]をピックアップ。
800フィルパワーのハイロフト・ダウンをインサレーションに採用した、いついかなる時でも最高の保温力を発揮してくれるダウンウェアです。

Patagonia
M’s Fitz Roy Down Parka
color:BLK
price:62,700yen

特筆すべき特徴が、完全バッフル構造によるダウンパッキングを行っている、という点。
重力に弱い羽毛を固定するためには、どうしてもダウンステッチによるチャンバー(ダウンを閉じ込める部屋)が必要になります。
その構造上、縫製の周りにはどうしてもコールドスポット(羽毛が存在しない部分)ができてしまう事に。

通常シュラフなどに用いられるバッフル構造はその弱点を解消すべく、チャンバーとチャンバーの間に羽毛を詰め込んだ障壁を設ける事でコールドスポットを無くす事に成功しました。
こちらの[M’s Fitz Roy Down Parka]は、そのバッフル構造をウェア全体で採用し、まるで寝袋に入ってるかのような快適な保温性を実現した一枚です。

勿論、湿気に弱い羽毛を守るために、アウターシェルはDWR(耐久性撥水)加工を施し、急な雨や雪にも対応できるように。
元々は極寒のビレイやビバークの際に役立つ一枚ですが、そのボリューム感はスタイルに良いバランスを与えてくれます。

SASSAFRAS
Blower Half
fabric:Dobby Cord
color:Brown
price:33,000yen

屋外で活動する、という点ではガーデニングも共通項があるでしょう。

ミリタリーやハンティング、その他様々なジャンルをベースにした”SASSAFRAS(ササフラス)”の洋服は、そのお陰か相性は抜群。
秋口はシャツジャケットとして活躍した[Blower Half]も、今からはインナーとして。
表情あるドビー織りのコーデュロイは、ダウンの内側に着ても良いアクセントになります。

これだけボリュームあるダウンだと、一枚着ることでスタイルは完成してしまいますが・・・。
ベーシックなアイテムだけに、色々なスタイリングを楽しんでいただきたいです。

[style credit]

outer:Patagonia
Fitz Roy Down Parka
color:BLK
price:62,700yen

tops:SASSAFRAS
Blower Half
fabric:Dobby Cord
color:BRN
price:33,000yen

pants:Double RL
PNT1BQ20002
Sherpa Sweat Pants
color:Red
price:44,000yen

cap:BROWN by 2-tacs
RA-CAP
color:GRY
price:15,400yen

other:Kopka
WOOL BANDEAU
color:TITIAN RED
price:4,950yen


《詳細のお問い合わせはこちら》
LOFTMAN COOP UMEDA
Tel:06-6371-5988
mail:umeda@loftman.co.jp
address:〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町15-22 アーバンテラス茶屋町 C-2
担当:岡川


 

LINE@はじめました

ロフトマンコープ梅田店、LINE@はじめました。

LOFTMAN COOP梅田店の公式LINEアカウントがスタートしました。

イベント情報などCOOP梅田店の情報を皆さんにお届けします。友だち登録をぜひ宜しくお願います。

友達追加方法

下の「友だち追加」ボタンを押す、
または、LINEアプリのQRコードリーダーやカメラアプリなどからQRコードを読み取って下さい。