ARC’TERYX[アークテリクス] Zeta SL Jacket – COOP UMEDA 2nd Floor –

しばらく雨が続いていますね。
こうやってシトシト降り続くと、持っているのに欲しくなるハードシェル。
男は形からとは言いますが、ギア物に対する飽くなき欲求も男性特有のものだと思います。
要るのか要らないのか分からないような機能とか・・・そそられません?

当店でも様々なギアブランドがありますが、中でも”ARC’TERYX(アークテリクス)”はアウトドア・ギアブランドの急先鋒です。
1989年に自分達の為のクライミング・ハーネスを作り始めたデイブ・レインとジェレミ・ガードは、その後1991年に”ARC’TERYX”を設立。
ハーネスからバックパック、アウターウェア、さらにはフットウェアとクライミング業界の常識を再定義するような技術革新を次々と生み出していきました。

現在ではハードシェル・バックパックを中心に浸透し始めている”ARC’TERYX”のプロダクト。
本日は、今シーズンよりモデルチェンジがあった[Zeta SL Jacket]をピックアップしました。




ARC’TERYX
Zeta SL Jacket
color:Black/
size:XS/S/M
price:43,200yen

いくつかあるハードシェルの中でも、軽量薄手でかつパッカブルな[Zeta SL Jacket]。
高い防水性と防風性を維持しながら、薄くて軽さのあるGORE-TEX PACLITE Plusをメンブレンとして採用。
今シーズンからの新素材であるこのメンブレンは、裏地のない二層構造の防水透湿性素材で、数あるGORE-TEXファブリックの中でも最大の透湿性を誇ります。
生地裏面に凹凸のあるナイロンビーズ加工を施し、高い耐摩耗性や肌当たりの良さを実現しました。

先シーズンまでこのような特徴を持ったハードシェルは、[Beta SL Jacket]というモデル名でした。
新たなメンブレンであるGORE-TEX PACLITE Plusを採用したことによるモデルチェンジに伴いZetaというクラスが新設、[Zeta SL Jacket]と呼ばれるようになっています。

こうやって新たなテクノロジーを採用していると聞くと、激しく揺さぶられるのが所有欲。
持っているのに欲しくなる・・・なりませんか?


《詳細のお問い合わせはこちら》
LOFTMAN COOP UMEDA
Tel:06-6371-5988
mail:umeda@loftman.co.jp
address:〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町15-22 アーバンテラス茶屋町 C-2
担当:岡川