冬のアウトドアスタイル vol.1 – COOP UMEDA 2nd Floor –

寒さも厳しくなってきたこの季節、店内では次の季節を思わせる洋服が揃ってきました。

ただ、厳冬期の今だからこそ楽しみたいアウトドアスタイルもあるのでは・・・ないでしょうか?

ベースレイヤー、ミッドレイヤー、そしてアウター。

その正しい重ね方、時には矛盾した重ね方を思う存分楽しめる季節。

そんな時にご紹介したいスタイル。

僕たち2Fの中心である”Patagonia”、現在Pop Upイベント中の”BROWN by 2-tacs”をメインにスタイリングしてきました。

Patagonia
R2 Jacket
color:DKAS
size:XS/S/M/L
price:22,000yen+tax

今回ベースレイヤーには”Patagonia”の[R2 Jacket]を採用。

レギュレーターシリーズの中では軽量性と機動性のバランスに長けたハイロフトの短毛フリースを使用した、ベースにはもってこいの一枚。

そのフィット感と動きやすさはシャツとレイヤリングしても損なわない程です。

立ち襟のフリースジャケットは首元の保温にも役立ち、余程の寒さではない限り街中では十分な保温力を発揮してくれます。





Evan Kinori
Two Pocket Shirts
color:Charcoal
size:XS/S/M/L
price:36,000yen+tax

“Evan Kinori”のシャツはイギリス名門ミル「Moon社」の生地を使用したもの。

ウールは冬の季節感を演出してくれる他、ミッドレイヤーとしても最高の機能性を持った素材。

通気性に長けるベースレイヤーから抜ける湿気を十分吸湿してくれ、おまけに保温力も備わるアウトドアには打って付け。

ベースレイヤーの機能性を損なわず、またフィールドに寄りすぎないスタイルを演出するのに、このシンプルなレギュラーカラーのシャツはぴったりな一枚ではないでしょうか。


Battenwear
TRAVEL CAP
color:Camel
price:7,500yen+tax

コチラは”Battenwear”のジェットキャップ。

[R2 Jacket]のカラーリングと合わせて、これも季節感のあるフリース素材。

頭の保温までバッチリ考えたアーバンスタイル。



COMOLI
モールスキン バックストラップパンツ
color:Green
size:1/2
price:36,000yen+tax

パンツは街中を歩くことを想定して、”COMOLI”の[モールスキン バックストラップパンツ]。

モールスキンは通常、表地が微細に起毛した生地を指しますが、コチラはその生地を裏づかいしたもの。

すると、本来ではあまり見えなかった光沢が見えてきます。

少し違った捉え方をすれば、これはフリースパンツ。

しなやかな生地を使った9分丈のパンツは機動性も抜群ですよ。




BROWN by 2-tacs
INSIDE-OUT
color:Navy×Black
size:S/M/L
price:33,000yen+tax

今回アウターにはベストを。

インナーにも、アウターにも使えるよう少しタイトなフィッティングの[INSIDE-OUT]。

蓄熱性を十分に有し、また身体からの反射熱も利用できるよう生地にはポリエステルタフタを使用した、ブランドからは久しぶりのダウンベスト。

リバーシブル仕様になっており、今回は裏地のBlackを表に持ってきています。

ダウンベスト、体温調節がしやすく出歩く時にはすごく便利。

これはポケットも表裏と沢山付いてるので本当に便利。

こういう細かなところに手がとどくところが、フィールドで思う存分使えるアイテムの証拠であるとも思います。

タウンとアーバンの中間に位置するスタイリング。

単なる機能性だけではなく、いろんなブランドの良いところを上手に拾って行かないとこれは楽しくありません。

一緒にお話ししながら、雰囲気良い着方を見つけていきましょう。


《詳細のお問い合わせはこちら》
LOFTMAN COOP UMEDA
Tel:06-6371-5881
mail:umeda@loftman.co.jp
担当:岡川