4日目 / Part.1

ただただ”シビれた”

 

Parisの街での4日目を表現するのに、それ以外の言葉は必要ないように感じます。

待ちに待ったCOMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANのShowから始まった1日。
きっと僕の洋服屋としての人生の中で、これほどまで感動して、これ程までに感慨深い1日は、これからも無いのでは無いかと思っています。

朝一のShowに向けて、中西と待ち合わせして地下鉄で会場へと向かいました。
結局昨晩は一睡も出来ず、Blogを更新したりして朝まで時間を潰していました。歩き疲れてへとへとだったハズなのに、普通なら眠たくて仕方が無いハズなのに、それでも興奮して、緊張して眠ることが出来ませんでしたが、地下鉄への足取りはいつもより軽い位なのは不思議なものです。

coop2f-2017-0121-17

ParisのMetroにはもうすっかり慣れてしまった。普通に便利で良い。

coop2f-2017-0121-14

この日はホテルの最寄りの駅から終点まで、街の外れまで行くのはこの旅初めてである。

会場はParisの外れ。エッフェル塔のさらに東にある「Electric Bridge」を貸し切ってのShowでした。
足取り軽く出発したのも束の間、中々行かないParisの外れ、中西も、もちろん僕も土地勘など一切無く、余裕を持って出発したはずが危うく時間に遅れて見れない所でした。

coop2f-2017-0121-3

アラサーの二人が揃いも揃って道に迷い、何百メートルも猛ダッシュすることが一体人生で何度もあるものでしょうか、とにかく脇目もふらず、もしも見れなかったら…と内心泣きそうになりながらどうにか時間通りに会場へと到着しました。
日本にいたらまず無い、これも海外という場所だからこその経験だったと、間に合った今だから笑って言えますが、正直笑いごとじゃ無いですね 笑

幸運にも、Showの始まりは予定時間よりも少々押していて、息を落ち着かせつつ始まりを待ちました。
息が整っても、不思議と心臓の鼓動だけは一切落ち着きを見せません。そこには抑える事の出来ない興奮があったんだろうと思います。

coop2f-2017-0121-13

coop2f-2017-0121-16

coop2f-2017-0121-2

横を見れば今回で5回目を迎える中西も同じような心境のようで、ワクワクとドキドキしながら果たしてどんなコレクションなのか、店にフィットするのかと程よい緊張と大きな期待を抱いて肩を並べて静かにShowの始まりを待ちました。
どんな物事を待つよりも、素晴らしい緊張感に包まれた、終わりが来るのが惜しい時間でした。

coop2f-2017-0121-12

会場の席が全て埋まり、自然と会場中をシンとした静寂が包んだ時、その瞬間はやってきました。
会場の真ん中に配置された何台ものスピーカーから響き渡る心地よい爆音。見ている人全てを引き込むリズムがシンと張り詰めた空気の会場中に鳴り響きました。

そして一人、また一人と最新のコレクションに身を包んだモデルが登場します。

coop2f-2017-0121-11

coop2f-2017-0121-8

coop2f-2017-0121-6

モード、エレガントと評されるParisのコレクションでCOMME des GARCONS JUNYA WTANABE MANによって発表されたのは、一言でくくるなら「ストリート」のエッセンスを持ったコレクションでした、エッセンスというか、ストリートそのものでした。

coop2f-2017-0121-9

coop2f-2017-0121-7

coop2f-2017-0121-10

僕は世代ではありませんが、そう来たかという驚きや、攻め続ける姿勢、そしてShow全体を通して隅々にまで行き届いた演出を目の当たりにした僕にはただただ感動しかありませんでした。
まさか自分がこうしてParisで最新のコレクションを見る日がやって来るなんて、夢にも思わなかったので、感慨深いものもありました。

coop2f-2017-0121-19

Showが終わっても鳴り止まないご機嫌な音楽に乗せられて、興奮と余韻がいつまでも消えないParisの4日目が始まりました。

帰り道、たくさんのBuyerやPressがuberを利用して街の中心部へ戻っていく中…
中西は「歩いて戻ろう。」の一言。

coop2f-2017-0121-15

1日が終わってわかった事だけれど、Parisは歩いているだけで刺激的な街。
いつでも新しい発見や出会いに溢れる街をuberで行ったり来たりするのは勿体無い。

消えない余韻に浸りながら、Erictric Bridgeを背にして、ゆっくりと次の目的地を目指す時間は贅沢な時間そのものだったのでした。

(TEXT 仁井谷)

 

 

 

 

COOP KYOTO, BLOG 2F

Enchante Paris!

実は只今France,Parisに来ています。 バイヤーの中西の海外出張に同行する為です。(勝手について来た感は否めませんが… 笑) 初海外。初フライト。恥ずか…

2017.01.19Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 2F, STAFF

3日目

Parisに到着してから3日目。ようやくChief Buyerの中西と合流する日がやって来ました。 待ち合わせの時間まで結構時間があったので、メトロを使って少し…

2017.01.20Detail>>