定番モノのこと / INDIVIDUALIZED SHIRT

   みなさんこんにちは、LOFTMAN COOP京都店店長の桃谷です。
今回はうちのお店でも大定番である“INDIVIDUALIZED SHIRT”のお話です。

今でもアメリカ製で良質で伝統的なアメリカのシャツを作り続けているカスタムシャツファクトリーということは、ご存知の方も多いのではないかと思います。
今回の入荷ではとてもベーシックなB.D.シャツの形が、いまからの季節にピッタリのホワイトとサックスブルーの色味で色々な素材で揃いました。

coop-2014-0225-8

INDIVIDUALIZED SHIRT
Cotton Twill B.D. Shirt
¥18,000+税

coop-2014-0225-9

INDIVIDUALIZED SHIRT
Cambridge Oxford B.D. Shirt
¥19,000+税

coop-2014-0225-10

INDIVIDUALIZED SHIRT
Regatta Oxford B.D. Shirt
¥20,000+税

僕が個人的に気に入っているのは、なんといってもそのフィッティングとフォルムです。
INDIVIDUALIZED SHIRTは“だぼだぼ”という訳ではないのですが、僕みたいな“気を抜いたボディー”にもきちんと馴染んでくれ、体型を綺麗に見せてくれます。
そしてずっとシャツ作りを続けて来た職人達の縫製やディテールにはとても堂に入ったものを感じます。
僕は特にB.D.シャツの襟型がとても好きです。第一ボタンだけ外しても、第二ボタンまで外してもとても綺麗に襟が立ってくれます。
外すボタンを変えるだけでも表情が変わるので、自分次第で着方の変え甲斐があります。

coop-2014-0225-6

coop-2014-0225-7

僕もちょっと歳をくってきて、洋服屋といえど色々なシーンに出くわすことが多くなってきました。
中には色々な人が集まって、妙な格好をして行くのがふさわしくない場に行く事もあります。
そんな時でも、老舗が作ったシャツはちゃんと馴染んでくれます。

自分なりの拘りを持って、オンの日でもオフの日でも対応出来る定番シャツは本当に重宝します。

何にでも合わせられる定番シャツだからこそ、きちんと着ながらも、袖をまくったり、ボタンを開けたり、今シーズンでいえば、Tapia LOS ANGELESなどのデザイナーブランドのモノと合わせたり、スニーカーやスポーツアイテムなど今の気分のモノと合わせたり、革靴でビシっと締めたり。“自分のアイデア”で色々な着こなしをするのが、粋な大人のお洒落じゃないでしょうか。
生地の違いで微妙なルックスの違いもあるので、是非お気軽にお尋ね下さい。

Blog by 桃谷