ARROW MOCCASIN

男らしく無骨なブーツであるARROW MOCCASIN。
1951年より変わらない伝統的な手法で作られ、今なお全ての工程をハンドメイドで仕上げている数少ない工房。
この靴を愛してやまない二人のSTAFFにスタイリングを組んでもらいました。

coop-2014-0108-2

ずっと自分らしい靴に巡り会えなく悩んでいました。イギリスのTricker’sもカッコ良くて好きだけど、どこか背伸びをした感じだし、ワークブーツも好きだけど、もっとラフにいきたい時もある。かといってスケシューだとラフ過ぎる。

そんな時に出会ったのがこのARROW MOCCASINでした。限られた職人にしか作り出せない唯一無二な存在。無理のない自然体な作りでどこか温もりを感じるリアルアメリカンな靴。自分の足の形もあってか履き始めは少し痛いけど、履き込む事により柔らかい厚みのあるスイスハイドが吸い付くような履き心地。硬い部分がないと言った感じでしょうか。つま先が少し沿ってきた時のフォルムも最高です。

アメリカに敬意をはらうSASSAFRASやNEEDLESの服や、アメリカの伝統を感じるPENDLETONのウールシャツを着て、いやむしろ全部レイヤリングして着て、インディアンジュエリーをジャラジャラ身につけて、アローモカシンを履く。今の自分のスタイリングには欠かせない革靴です。

山野 翔太

 coop-2014-0108-1

どんな靴もすぐに穿き潰してしまう僕はこの靴のタフさに感動しています。
油分を多く含んだこの厚みのある革。しっかり縫いこまれた太いステッチ。
自分の、男らしくどこか悪さのあるスタイリングを作るときにはこの靴は欠かせません。

最近の自分の気分なのですが切りっぱなしにした細いパンツの足元にARROW MOCCASINを合わせるこんなラフさのあるこのバランスが好きです。
そして、穿いてすぐ分かる穿き易い靴よりも、穿き込んでいきようやく自分の足に合うようなそんな少し不器用な無骨な靴を僕は愛してしまうんだと思います。

岩下 千尋

coop-2014-0108-3

ARROW MOCCASIN
L-R
4WSP(MID CUT)   ¥50,400
7WSP(HI CUT)   ¥65,940
S1WSP(RING)   ¥54,390
1WSP(RING)   ¥44,100
2WSP(LOW CUT)   ¥50,400

COOP KYOTO, STAFF

STAFF - 山野翔太 –

モヘアのニットにナイロン素材のインナーを着たハイブリッドスタイル。 インナーにナイロンを入れることによりニットの滑りが良くとても着易いです。 シャツは大好きなネ…

2013.12.21Detail>>
COOP KYOTO, STAFF

STAFF - 岩下千尋 –

PatagoniaのRetro-X VESTを中に一枚入れることにより温かくもなりますし、このパープルの挿し色が今日のスタイリングのポイントです。 冬は重ね着の…

2013.12.08Detail>>