DESCENTE ALLTERRAIN MIZUSAWA DOWN [デサントオルテライン 水沢ダウン] MOUNTAINEER 徹底解剖 / COOP KYOTO 1F

一昨日と昨日に「DESCENTE ALLTERRAIN」「DESCENTE ddd」のアウターをご紹介させて頂いて、忘れてはいけないのがやはり冬のアウターの大本命である「水沢ダウン」です。

何度かBLOGにてご紹介させて頂いておりますが、一番人気である‘‘MOUNTAINEER(マウンテニア)’’を改めて再度ご紹介させて頂きます。

「ずっと気になっている」とか「他のブランドのダウンと迷っている」という方、是非ご覧頂いてご参考にして頂ければと思います。

 

熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、高い防水・防風性を実現した水沢ダウンの数あるモデルの中でも最高峰ハイスペックモデルです。

数々の魅力が詰まったMOUNTAINEERですが、まずはやはり単純にデザインの格好良さでしょう。

シンプル過ぎず、派手過ぎないバランスの取れた見た目はとても完成度の高いデザインです。

全体のボリューム感も丁度良く、ダウンジャケット特有の着ぶくれする感じには一切なりません。

本格的な作りのマウンテンパーカーのように、通常よりも高い位置に付けられたハンドウォーマーポケットは、リュックを背負ってウエストベストをとめても干渉する事がなく、ストレスを感じる事はありません。

ダウンジャケットは暖かいけど、長時間着用していたり、室内に入った時に暑く感じてしまう事が多々あると思います。

そんなストレスを解消してくれるのがベンチレーションシステムです。

両脇下のジッパーを開けると中がメッシュ生地になっており、衣服内にこもった熱を逃がす事ができます。

フロントジッパーにも仕掛けはあり、二列配置されたジッパーの間がメッシュ生地になっており、内側で閉める事により外から空気を取り込み通気させる事が可能です。

裾の内側にはパウダーガードが付いており、スナップボタンを留める事で下からの風や雪の侵入を防ぎます。

そしてジャケット全体の裏地にはDESCENTEが独自開発した発熱保温素材の‘‘HEAT NAVI’’を使用しており、ジャケット内を快適な温度でキープしてくれます。

更にフードにも仕掛けがございます。

雨や雪の悪天候下で、水や雪だまりを防ぐ‘‘パラフードシステム’’を搭載しております。

フードの内側に‘‘パラジップ’’が付いており、フードを使用しない時は閉口が可能。使用する時も瞬時に開ける事ができます。

まだまだ語り尽くせない部分が沢山ございますので、続きは店頭にてお話しさせて頂ければと思います。

その際にご試着して頂いて、魔法のような着心地を体感してみて下さい。

またMOUNTAINEER以外のモデルは後日BLOGにてご紹介させて頂きます。

 

DESCENTE ALLTERRAIN ‘‘水沢DOWN’’
‘‘MOUNTAINEER’’
COLOR:BLACK(BK), OLIVE SHADE(GROS)
¥110,000

 

 

《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP 1F
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:山野


 

LINE@はじめました

 

ロフトマンコープ京都店、LINE@はじめました。

 

LOFTMAN
COOP京都店の公式LINEアカウントがスタートしました。

イベント情報などCOOP京都店の情報を皆さんにお届けします。友だち登録をぜひ宜しくお願います。

 

友達追加方法

下の「友だち追加」ボタンを押す、
または、LINEアプリのQRコードリーダーやカメラアプリなどからQRコードを読み取って下さい。

友だち追加