水沢DOWN 徹底解剖② / COOP KYOTO 1F

昨日BLOGで「水沢DOWN 徹底解剖」をアップさせて頂きましたが、このBLOGでは解剖しきれなかった内側を解剖していきたいと思います。是非今年のアウター選びの参考にしてみて下さい。

 

内側の構造でまず気になるのが「これ」です。

俗に言う「パウダーガード」です。

スキーやスノーボードのウエアによく見られるディテールで、スナップボタンで留める事により裾からの雪や風の侵入を防ぐ為の役割を果たしてくれます。自転車やバイクに乗る時にはとても重宝しそうなありがたいディテールです。

 

そしてジャケットの内側をよく見てみると「こんなとこにジッパー?」という発見があります。

お分かりの方も多いとは思いますが、このジッパーは洗濯専用のジッパーです。

表面はシームレス仕様の防水素材の為、洗濯する時に内側のダウンに水を送り込む事ができません。DESCENTE ALLTERRRAINの開発チームが初めて‘‘水沢DOWN’’の試作品を完成させた時はこのジッパーを付いていませんでした。もちろんクリーニング屋さんに持って行っても「洗えない」と言われてしまいます。その後試行錯誤を繰り返し付けられたのが、この選択専用のジッパーです。

今着ている時の為のディテールではなく、次もちゃんとした機能で着れる為の素晴らしい気使いだと思います。

 

続いては内ポケット。

これがあるのとないのでは違いますよね。iPhoneなどのスマートフォンがスッポリ入るサイズの内ポケットはタウンユースには必要不可欠です。しっかりとした持ち手も付いているので、手袋を外さずにでも開け閉めできます。

 

首回りの内側にも仕掛けがあります。

首裏に当たる部分を通気性が良く蒸れにくいメッシュ素材にしてあります。

昨日解剖したベンチレーション同様に脱がなくても長時間快適に着れる一工夫です。リブが付いていてソフトタッチなのもポイントです。

そして裏地全体には光を熱に変換するDESCENTEオリジナルの素材の‘‘HEAT NAVI’’を使用しており、太陽光の赤外線が内側に届き暖かく着れるという活気的な作りです。

 

更にフードにも仕掛けはあります。

‘‘パラフード’’と呼ばれる内側にジッパーが付けられた特殊なフードです。

ジッパーを閉めている時はかぶる事ができなくなっているのですが、これには意味があります。水や雪がたまるのを防ぐ為で見た目も後ろに落ちる事なくスマートな印象です。しかもジッパーは‘‘ESCAPE ZIP’’という特殊な物で………これは是非実際に試してみて下さい。

 

最後に忘れてはいけないのが袖の内側です。

手袋をしている時にこれに助けられる事は多々あります。

細かい事ですがちゃんと内側で絞りの入ったリブのような仕様になっており、この部分を手袋の上に被せると防風性と安心感は絶大です。以外と他のモデルはこうなっていないのでこっそりチェックしてみて下さい。

 

いかがでしたでしょうか?水沢DOWN 徹底解剖。まだまだ話しきれない魅力がいっぱいあるので、続きは店頭でスタッフに聞いてみて下さい。きっと良い出会いがあるはずです。

 

DESCENTE ALLTERRAIN ‘‘水沢DOWN’’
MODEL:MOUNTAINEER
COLOR:BK
SIZE:S, M, L, O, XO
PRICE:¥108,000

 

 

《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP 1F
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:山野

COOP KYOTO, BLOG 1F

水沢DOWN 徹底解剖 / COOP KYOTO 1F

気温もグッと下がり朝晩はかなり冷え込むようになりました。 店頭でもアウターを探されている方が多いように思います。当店でも様々なブランドのアウターをセレクトしてお…

2018.11.06Detail>>