白も色々 / 白T特集

初夏を思わせるご機嫌で陽気な気候になってきました。

朝のランニングが気持ちよかったり、
屋上で日光浴を楽しめたり、
仕事終わりのビールが旨かったり、
冬場には姿を隠していた色々な楽しいことがチラホラと顔をのぞかせ始めています。

白Teeのスタイルが街の景色に馴染み始める、というのも今からの季節特有の楽しみの一つです。
焼けた肌に白いTシャツのスタイルはそれだけで素敵なスタイルですが、ひとえに“白Tee”といっても素材や形などちょっとしたバランスで全然違ってくるので、白Teeも気分やスタイル、出かける場所で選んで着られるともっと素敵なんじゃないでしょうか。

というわけで、今日は「白Tee特集」です。

coop-2014-0518-3

Champion
T1011 Pocket Tee
¥4,500+税

言わずと知れたChampionのポケTee。
ゆったりしたボックスシルエットにガシガシの生地は、ならではの魅力です。
ヘヴィーデューティーにガシガシ洗って着る位の付き合い方が良いので、
普段近所に出かける時だけじゃなくて、
バンダナを巻いて、軍手をはめてバーベキューのヒーロになってみても良いと思います。

coop-2014-0518-5

JUNGMAVEN
Pocket Tee
¥6,300+税

ヘンプとコットンの混紡生地が、なんとも柔らかくて気持ちが良いJUNGMAVEN。
洗う程に風合いも肌当たりも良くなっていきます。
オーガニックな素材が生み出す独特のコシと柔らかい白の色めは、なんだか汚しても許せる世界観を生み出しています。
グラミチやパタゴニア等とオーガニックでアウトドアなスタイルに組み込むのも良いですし、
ゆったりと一枚で着て、リラクシングなウェアとして、
家事や散歩など休日の家で過ごす相棒にしてもありじゃないでしょうか。

coop-2014-0518-4

FilMelange
DIZZY LF
¥8,500+税

毎年定番的に展開しているFilMelange。
今年はDIZZYに新色の白が加わりました。
何気なく着た時に身幅や着丈、首回りの広さ、袖の長さや太さなど、
バランスが圧倒的に計算してあるDIZZYの凄さを感じます。
上質な良い糸。良いデザイン。そして良い着心地。
ファッションであり、日用品である。
ワードローブに何枚か揃えておきたくなるタイプの白Teeです。

coop-2014-0518-1

COMME des GARCONS HOMME
White Tee
¥12,000+税

綺麗な純白の“白”が特徴的なHOMMEの白Tee。
一見何の変哲も無いように見えて、
実はワークシャツを縫うようにチェーンステッチで縫製してある一風変わったTシャツです。
こういう“実は”なディテールは、本当にコーディネート心をくすぐります。

スラックスやテーラードジャケットと合わせて縫製のミスマッチを楽しんだり、
ペインターパンツやジージャンと合わせて爽やかな白を楽しんだり、
こういうモノでデートとかは行きたい気分です。

coop-2014-0518-2

the FRANKLIN TAILORED
Pocket Tee
¥13,000+税

限りなく真四角に近いthe FRANKLIN TAILOREDの白Tee。
真っ白という訳ではないのですが、
まるで上質なシルクを見ているかのような深みがある白には圧倒的な高級感を感じます。
Teeシャツにさえも“背中心”という考えを落とし込んでいるという所も高級感があっていいなぁと思ってしまいます。
そんな高級感に気圧されずに、敢えてジーパン一丁で着まくりたい逸品です。

“極める”とかそんなストイックなことはよくわかりませんが、
色んな白Teeを気分で選んで着られるワードローブには正直憧れます。
今年は白Teeが豊作なので、色々試してみると良いんじゃないでしょうか。

Blog by 仁井谷

 

EVENT

JILL PLATNER ORDER FAIR

JILL PLATNERはニューヨークにアトリエを構え、創造性豊かな魅力的な作品を発表し続けているアーティストです。 作品の全ては自然界にあるモノや人の感情など…

2014.05.06Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 2F, STYLING

デザインに惚れる / CLASS

みなさんはCLASSというブランドをご存知でしょうか。 実は毎シーズン、少しずつですが展開させて頂いている日本のブランドです。 CLASSの洋服の醍醐味は、なん…

2014.05.12Detail>>