URBAN BLACK / rdv o globe

都会で着るブラック。

派手さはないですが、様々な色やアイテムと相性が良く、そして飽きずに長く愛用できるブラックのアイテムはとても機能的だと思います。アウトドアブランドが作るブラックのマウンテンパーカーなどにも同じ事が言えるかと思います。rdv o globeのアイテムも少しクセはありますが、そんな”URBAN BLACK”な解釈で着るのが良いかと思います。いくつかスタイルをご紹介させて頂きます。

 

まずはパンツとキャップを使ったスタイルです。
LENNY LONG PA.というこのパンツはrdv o globeが継続的にリリースしているモデルです。股上の深いテーパードシルエットのイージーパンツです。今シーズンは伸縮性のあるジャージー生地が使われています。一見シンプルですが、計算されたシルエットや生地感からオリジナリティーを感じます。一度穿くときっとクセになってしまうかと思います。

そんなパンツを穿いて、スポーツとフォークロアなエッセンスをミックスするとこうなります。

patagoniaのナイロン素材のブルゾンにメキシカンラグベストを合わせるような少しギャップのあるレイヤリングも、このパンツを穿く事で自然にミックスできます。パンツがどちらの要素も持っているので架け橋のような役割を果たしてくれます。

合わせる帽子はナイロン素材のキャップで。ツバが長過ぎないサイクリングキャップのような形なので、こんなスタイルにはピッタリです。

 

次はトップスとベレー帽を使ったスタイルです。
トップスはDANNY CH.というモデルでクルーネックのスウェットとシャツを足したようなデザインです。ややゆったり目のサイズ感で作られているので、シャツなどの上からスムーズにレイヤリングできます。こちらもシンプルですが一枚で着ても存在感のあり、様々な解釈ができるrdv o globeらしい一着です。

ビッグシルエットとタイトシルエットを合わせたスタイルが面白いかと思います。

分量感のあるCOMOLIのシャツの上からレイヤリングしてとことんビッグシルエットで。パンツはストレッチのきいたスリムな物で足元はボリュームのないスニーカーを選ぶと上下のシルエットにギャップ感が生まれます。写真のように柄物のストールで色味とボリュームを足せば尚更良しです。

帽子はナイロン素材のベレー帽でコンパクトに合わせるとバランスが取り易いです。

上記のスタイルのようにイメージやコンセプトを持って”URBAN BLACK”なrdv o globeのアイテムを是非取り入れてみて下さい。

 

《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP
tel:tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:山野

COOP KYOTO, BLOG 1F

rdv o globe 2018SS

いつも独創的なデザインで、ファッションを楽しむ事を再確認させてくれるrdv o globe。2018SSモデルが入荷致しました。 何て言うジャンルだなんて関係あ…

2018.02.15Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F

SASHIKO LIGHT / Porter Classic

Porter Classic 2018SS START まず始めの入荷は今シーズンの新作であるSASHIKO LIGHTシリーズです。 Porter Class…

2018.02.11Detail>>