BRANDLOFTMAN取り扱いのブランド紹介

1 / 181 2 3 4 5 17 18

WILLY CHAVARRIA / ウィリーチャバリア

ニューヨークをベースに洗練された洋服を展開する”WILLY CHAVARRIA(ウィリー チャバリア)”。 30年代から40年代にかけてアメリカで流行した「パチューコ」、後に派生した「チカーノ」と呼ばれるサブカルチャーを強く反映したこのレーベルは、ニューヨークのイメージとは対照的なシンプルでエレガントなコレクションを展開しています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

WESTOVERALLS / ウエストオーバオールズ

西洋はフランスのニームから誕生し、東へ渡りアメリカで繁栄した物語をテーマに、ジーンズをメインにしたデニムブランド。 デザイナーは、元LIVING CONCEPT(リビングコンセプト)のデザイナー大貫達正氏。現在はフリーランスデザイナーとして活躍中。 全てのアイテムはユニセックスとして作られています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

TW Kempton Clothing / ティーダブリューケンプトンクロージング

TW Kempton Clothing/ティーダブリューケンプトンクロージングはレスターにて1920年代に軍用ニットウエアーの製造からスタートしたメーカーです。 英国の顧客には、国防総省、警察、ロイヤルメール、航空会社、などの国営企業なども多く含まれています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

the conspires / ザコンスパイアーズ

清水慶三と鈴木大器がデザイナーとして参加する〈the conspires〉。 大人のためのシンプルなリラックスウェアをコンセプトに、デザイナーの二人が拠点とする日本とアメリカそれぞれで生産を行っています。 一つのバンドのように、個性を持った二つのデザインが混じり合っているブランドです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

STABILIZER GNZ / スタビライザージーンズ

デザイナー矢實氏によるデニムブランド。 紳士服のパタンナーを経て、2007年よりブランドをスタート。
伝統的な素材使いによって独創的なアイデアをミックスし、独自のスタイルを作り出しています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

SEDONA SANDAL / セドナサンダル

2012年創業、米国アリゾナ州にアトリエを構える「SEDONA SANDAL(セドナサンダル)」。 HORWEEN社のクロムエクセルレザーを用いたレザーサンダルを、職人自らハンドメイドで生産しています。必要最小限の無骨なデザイン、皮革表面の少々の傷は気にせず使用する実用重視の素材選定など、アメリカンワークな雰囲気が漂うサンダルです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

SALOMON ADVANECED / サロモンアドバンスド

トレッキングやスノーボードで知られるフランスのアウトドアブランド、SALOMON。 その機能性とデザイン性の高さで近年ファッション業界から注目されていた同ブランドが2018年秋冬よりファッション性を重視した新ライン・SALOMON ADVANCEDを世界でも店舗限定でスタートさせる。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

SECOND LAB. / セカンドラブ

SECOND HAND「古着」とLABORATORY「研究所」を合わせた造語。 アメリカの古着やアンティーク雑貨などをデザインソースに、アイテムを展開していく研究所という思いから命名されました。 アメリカの街中にある、架空のスーベニアショップをイメージした商品構成で、アメリカンカルチャーを反映させた、ユニークで遊びのあるライフスタイルグッズを演出しています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

SUNNY ELEMENT / サニーエレメント

パタンナーとして活躍する中畑氏による、神戸発のシャツブランド。 「シャツ好きな方の為のシャツブランド」をモットーに、手間のかかるシングルニードル縫製によるシャツをドレスシャツ工場にて作り上げています。 生地もこだわりを持った特注の物を使い、テーマに恥じないプロダクトを展開しています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Rothco / ロスコ

1953年、Milton Somberg(ミルトン・ソンバーグ)によってマンハッタンのローワーイーストサイドにあるグレートジョーンズストリートにある小さなロフトで、当時Morris Rothenberg &Sonsとして知られていた、Rothco/ロスコを始めました。 ビジネスが拡大するとニューヨーク州ブルックリンのアトランティックアベニューにある大きな倉庫に移転しました。古着と第二次世界大戦の軍のサープラス品を扱って、ビジネスは成長しました。 やがて、使用済みの軍用品が少なくなると、ロスコは自らで製造を初め最終的には国内最大の軍用衣料品と装備品のサプライヤーに成長していきました。その後ロングアイランドの中心部に位置するロンコンコマに移転しました。 事業は現在の代表であるHoward Sombergへと引き継がれました。 60年以上にわたり最高品質の商品と最高のサービスを軍用衣料やアウトドアウェアを提供してきています。今日Rothcoは、世界中で10,000を超えるディーラーにサービスを提供しています。 又、65年間の事業を通じて、ロスコは地域社会への還元に力を注いできました。 自身の奨学金基金の設立から、国内外の慈善団体との協力まで行なっています。又、ロスコはニューヨークの警察や消防隊員の未亡人の為の団体に寄付を行ったり、退役軍人の団体をサポートするなどの活動も行っています。 彼等の製造したウェアは多くの政府、団体にも採用される信頼の品々です。 本物であるが故のミニマムさが認められ、今日、アメリカを初めヨーロッパ、日本のセレクトショップでの扱いが始まっています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ
1 / 181 2 3 4 5 17 18