BRANDLOFTMAN取り扱いのブランド紹介

1 / 71 2 3 4 5 6 7

GREGORY / グレゴリー

22歳の時、妻スージーと2人でバックパック会社となるサンバード社を設立、これまでにないデザインと機能を持ち合わせたエクスターナルフレームパックの製作を目指します。しかし1973年にはサンバード社を解散し、フリーのデザイナーとして寝袋、テント、テクニカルウェアなども手掛ける様になり、数々のアウトドア・メーカーの為に様々なギアを製作、技術や知識、経験をさらに高めて行きました。エクスターナルフレームパックに限界を感じ、これまでにないパックを求める新しい流れが彼のパックデザインへの思いを再び駆り立てます。「作りたいのはバックパックだ」と、自分の心の中にあるその情熱を改めて確認し、再度バックパック専門の会社を始めることを決意し、1977年にサンディエゴに「グレゴリー・マウンテン・プロダクツ」社を設立しました。以後30年間、本社と生産拠点を共に南カリフォルニアに据えて活動を展開します。当初は店裏でパック作りをし、店先で顧客を捕まえてはテクニカルな話題で話し込むのが彼の日課でした。そして、マウンテンガイドや一般顧客からのフィードバックを基に新しいアイデアを製品作りに盛り込んで行きました。
ウェインは、バックパックビジネスにおいてフィッティングが何にも勝り重要な物と確信していました。グレゴリー社の革新的なアイデア、人間工学に基づいたデザイン、最高品質へのこだわり…。その情熱は冷める事なく、今日に至るまで最新のパック開発に反映されています。快適な背負い心地、フィット感、耐久性、機能性を常に追求し、進化を与え続け、それを背負う皆を驚かせ続けています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

ATELIER&REPAIRS / アトリエアンドリペアーズ

OUR IS MISSION IS TO REIMAGINE AND TRANSFORM WHAT ALREADY EXISTS.
「私たちのミッションはすでに存在するものたちを再考、変化させることです。」
Our purpose is to lead the movement of excess reduction in the apparel and textile industries by responsibly connecting creativity with sustainability.
(私たちの目的はテキスタイル、アパレル産業における廃棄を少なくすることをクリエイティビティとサスティナビリティをつなげる責任によって達成することです。)
Our approach is to redefine design into an intentional circular model that re-engineers and reimagines reclaimed garments and textiles, fostering each item’s existence at the highest value possible – for as long as possible.
(私たちのアプローチは、デザインを再定義することを通して、再構築者(エンジニア、イマジネーター)が、長くにわたって、洋服や生地たちにさらなる価値を与えられるようにすることです。)
Our commitment is to partner with innovative thinkers, brands and manufacturers – across industries – to scale the effort by working within and thinking beyond the status quo.
(私たちのコミットメントは、分野を問わず、現状を超えていくようなイノベーティブな人やブランド、工場とのパートナーシップにあります。)
Our ultimate goal is to collectively build a redefined, viable standard of a circular system at a global level while establishing a new vision of social and environmental impact and transparency.
(私たちの究極のゴールは、新たな社会的ヴィジョンや環境、透明性を実現していく上で、新たなグローバルな循環システムの形成を目指します。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

BANANATIME / バナナタイム

“Sometimes you have to create something simply because it doesn’t yet exist.”
「時にシンプルに何かを作らなければなりません、それが存在していないがために」
BANANATIMEは日本人であるNaoko Kawaguchiとカナダ人のJulia Mahの二人によって設立されました。
彼らの長年の旅の経験と、ヴィンテージテキスタイルへの愛から、日常的に着ることができるシルクを使用したシックかつラグジュアリーなリラックスウェアが特徴的です。
毎日着用しても十分にしっかりした作りでありながら、夜になれば見る人が振り向いてしまうような衣服を作り続けています。
彼らがボーイフレンドの服を借りて着用していたことからアイデアを得たというトランクスをはじめとする、シャツやパンツも魅力的です。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

BATONER / バトナー

2013年、山形県寒河江市で誕生したニットウエアブランド・BATONER(バトナー)。
ニットの産地として知られる山形県で、様々なメゾンブランドやアパレルメーカーの製品を手掛けてきたファクトリー奥山メリヤスのブランドとして立ち上がりました。
世に送り出されるニットウエアは、原料から製品に至るまですべての工程を高いクオリティで管理し、仕上げられています。
日本が世界に誇る技術と伝統、さらなる品質を追い求める意欲をもって、次の世代へと受け継がれるモノを作り続けていきます。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

WHOWHAT / フーワット

1997年、デザイナーの中川純子氏がアクセサリーブランドとしてスタートしたブランドです。1999年頃からUAやEGO-WRAPPINなどの著名なアーティスト衣装やスタイリングを手掛け、またファッションブランドSHANTii(シャンティ)にも参加。2008年、ブランド11周年を期にアクセサリーだけでなくアパレルの制作も開始しました。2010年からは二人で活動を始めユニセックスな新作を発表し続けています。

WHOWHATとは「誰・何」の問いかけである前の
最も原始的な自己超越的感覚を呼び覚ます記号、あるいは暗号である。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Lock&Co. Hatters / ロックアンドカンパニーハッターズ

ニュースボーイキャップとして親しまれている6ピースキャスケットより、少し上品なイメージがある8ピースキャスケット。ほどよいボリューム感で、バランスよくかぶれる一品です。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Tilak / ティラック

タクティカルラインの中綿フードジャケット。胸にTilakロゴが入らないのは、チェコ警察部隊に納品の際の仕様。匿名性の高いミニマムなデザインとハイスペックな素材使いがタクティカルラインの魅力です。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Baje Craft / バジェクラフト

メリノウールを、フェルト状に縮絨することで、ムラのある表情を演出。使い勝手の良い大きさのマフラーです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

WALLA WALLA SPORT / ワラワラスポーツ

1960年ごろから、サーフやスポーツメーカーのカットソーを製造。ブランドとしては1994年アメリカのロセンゼルスを拠点にスタートしました。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

BEGG&CO / ベグアンドコー

1866年、スコットランドのペイズリーで、Alex Beggが地元の職人たちとともにショールを作り始めたのが「BEGG&CO/ベグアンドコー」の始まりです。その後、1902年にスコットランド南西部に位置するエアに拠点を移し、新しい機械を導入し、最先端の織物技術の開発に着手しました。その開拓精神は今なお継続されています。 1860年代から脈々と受け継がれてきた職人の技術や伝統的な機械、そして最先端のコンピュータ化された機器。伝統と革新を両輪に、上質な毛織物を生産しています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ
1 / 71 2 3 4 5 6 7