もう一回吹いた風 -Nigel cabourn Freedom Sleeve Sweater-

先日、我が後輩オカモトがご紹介いたしましたNigel Cabourn(ナイジェルケーボン)の両vセーター。

ワタクシがNigelのテキストを書くと、どうにも堅苦しい文章になってしまうので一度放り投げてみましたが…。

ワタクシとは違ったフラットな視線で書いている中々の内容。

なんだか親友に恋人を寝取られたような、複雑な心境です。

「Nigelじゃなくても堅苦しいだろ!!」という反論はスルーいたしまして…。

本日はそのご紹介済みセーターに、追加が届きましたのでご紹介。

1981-2014-0116-1

1981-2014-0116-2

1981-2014-0116-3

Nigel Cabourn
Freedom Sleeve Sweater
col:NATURAL
size:46/48
¥25,200-
前回もお伝えした通り、スウェットとニットの良い所をがっちゃんこした、ユーティリティーな一着。

Nigel Cabournチームが苦心して完成させたウォッシャブルニットは、セーター特有の「クリーニングが面倒」という問題を全面解決。

軽くて薄くて温かいのにジャブジャブ洗える。これほど魅力的な中間衣料がございましょうか。

一人暮らしには当然ありがたく、実家暮らしでも母親に小言を言われなくて済む安心のセーター。

今回入荷のナチュラルカラーは雰囲気も柔らかく、サラッと着れば良い塩梅に肩の力を抜いてくれます。

セーターが欠乏しつつあるこのタイミングで届いたのも何かのご縁。

インナーにお悩みの皆様にオススメでございます。

と、Nigel Cabournでありながら柔らかく書いてみましたが、いかがでしょう?

ではまた次回…。

 

1981, BOTTOMS, MEN, STYLING

A/Wシーズン終盤戦 -Nigel Cabourn FISHING PANT-

ドタバタとした三箇日も終わり、連休も残すところあと2日。 ついポケットへ放り込んだまま忘れ去ってしまったキスチョコ以上にドロドロな脳みそでいられるのも、あと2日…

2014.01.04Detail>>
1981, MEN, TOPS

SPECIAL ITEM -Nigel Cabourn×Eddie Bauer-

先日のこと。 友人と夕食をしに家を出る。 着ているのはNigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)のマロリージャケット。 待ち合わせ場所に向かう中、寒空か…

2013.12.13Detail>>