日出る処より… -Tsunai Haiya ACCESSORY-

「日出る処の天子より、日沈む処の天子へ」

なんだか懐かしい文章です。

小野妹子が遣隋使として中国に渡った際、随の天子に宛てて聖徳太子が書いたとされる手紙の一文。

この強気な内容を読んだ中国の外交官はブチ切れ。

「ちっちぇえ国がイキがってんじゃねーよ!!」

今も昔も外交というのは難しい…と思いますが、実際には仏教思想に則った中国を持上げる表現のつもりだったようです。

 

そんな日出る国「日本」と、海を渡ったアメリカ大陸「インディアン」とがコラボレーション。

日本人でありながらインディアンアートスクールを主席卒業した日本人、KUWANO YUSUKE氏。

彼がインディアンのセンスと日本人の技術を融合させて作るジュエリーが、本日ご紹介の「Tsunai Haiya(ツナイハイヤ)」です。

1981-2014-0611-1

1981-2014-0611-2

1981-2014-0611-3

Tsunai Haiya
NECKLACE:¥18,000-+tax
BRACELET:¥9,800-+tax

粒の大きなビーズに重厚なシルバー。

実際のインディアンジュエリーと比べても遜色無い、どころかワンランク上にも感じる完成度。

シルバーに光るロゴは、日出る国「日本」を表す太陽と、アパッチインディアンが崇める山々を表現しています。

付けた時の存在感はなかなかのモノ。

1981-2014-0611-4

1981-2014-0611-5

1981-2014-0611-6

夏のアクセントを求める皆様に、いかがでしょう?

ではまた次回…。

 

1981, OTHER, WOMEN

今年のネックレス -Atelier d’antan-

いつもHPをご覧いただきありがとうござます! 最近のレディースブログは洋服、カバンと続いていたので、本日は夏には欠かせないアクセサリーをご紹介します。 毎シーズ…

2014.05.19Detail>>