ご好評により第二弾!!-INDIAN JEWELRY-

こんにちは。

先日のブログでインディアンジュエリーをいくつかご紹介させて頂いてかなり反響がありましたので、

本日も前回に続き、最近新しく加わった作品をご紹介していきたいと思います。

 1981-2014-0403-1

Sparky Masawytewa(スパーキー・マサワイテワ)
ANKLET
¥21,800+tax

まずはアンクレット2柄。

オーバーレイを得意とするホピ族のスパーキー・マサワイテワ。

まだ若いアーティストで地元愛が非常に深い。

ショー向けのアクセサリーをあまり作らず、ホピ族の中でホピ族伝統の作品を作り続けているのです。

その話から、おそらく真面目な方なのだろうと窺えますね。

今回は熊と蛙が印象的な大地の自然を表している柄です。

1981-2014-0403-2

Gene Natan(ジーン・ナタン)
BANGLE
¥32,800+tax

お次はスタンピングが特徴のバングル。

ナバホ族の中でも30年以上続けている大ベテランのジーン・ナタンの作品。

太めのシルバーに細かなスタンピングの緩急が素敵です。

大胆さと繊細さを合わせ持った熟練の業が魅せるアートですね。

1981-2014-0403-3

 Michael Roanhorse(マイケル・ロアンホース)
BANGLE
¥58,000+tax

最後はお待ちかねマイケル・ロアンホース。

1981ではお馴染みですが、日本ではあまり出回っておらず珍しいアーティスト。

3種類の仕上げを使い分ける事で仮面(インディアンが儀式で使用する)を付けた人の横顔を表現し、

柄は自然界のエレメントを表しています。

内側にはナバホ族伝統、インディアンスピリットを感じるスタンピングを施し、外側には新しいインディアンの

エネルギーを表します。

大胆な柄からアーティストの力強さとセンスをビンビン感じます。

スタッフからの支持も厚く、新作が入ると気になって仕方がないスタッフも多いです。
インディアンジュエリーは本当に長くずっと付けれる物が多いので、付け続けると生活を共にしている

意識が芽生えて愛情が増していくと思います。

前回もブログ紹介後早々に無くなってしまった商品もありますので、気になる方は是非お早めに!

それでは。

岡本

1981, OTHER

銀細工 -INDIAN JEWELRY-

今日調べていて初めて知りましたが、インディアンの人々は自分たちの事を「ネイティブアメリカン」と呼ばれるのが嫌だそうです。 実際に「自分たちの種族名はインディアン…

2014.03.29Detail>>
B.D., ITEM

Indian jewellery – Inraywork

2013.12.10. [曇時々雨:13℃/11℃] 本日のご紹介はギフトシーズンだからこそ皆様にお届けするインディアンジュエリーをピックアップ!! クリスマス…

2013.12.10Detail>>
COOP UMEDA, BLOG 1F

Indian Jewelry – Patricia Bedonie – at 1st floor –

ナバホ族ジュエリーアーティスト、パトリシア・ベドニー。 彼女が作る普遍的なデザインであるサンバーストデザインのジュエリーが久しぶりに入荷しました。 言わずもがな…

2014.03.05Detail>>