BONCOURA [ボンクラ] CPOバンドカラー (モールスキン) – COOP UMEDA 1st Floor –

BONCOURAより入荷のCPOバンドカラーシャツ。

今年春にリリースされた、イングリッシュツイルを使用したモデルと同型になります。

モールスキン生地では初となるリリース。

オトコゴコロくすぐる、拘りのディテールが詰まった一着です。

どうぞご覧下さい。


BONCOURA
CPOバンドカラー(モールスキン)
size:36/38/40
price:38,880yen
staff:綿田(180cm/68kg)
着用 size: 40

まず始めに、CPOとはChief Petty Officer の略。

US.NAVYの上級下士官を指し、彼らが艦上で着用していたシャツのコトをCPOシャツといいます。

作りはやや大きめになっているモノが多く、ガバッと羽織る様な感覚で。

BONCOURAのCPOもソレに当てはまります。

シャツではありますが、シャツジャケットとして、シャツonシャツの重ね着をして頂けるのがCPOシャツの魅力の1つです。

それでは、ディテールを見ていきましょう。

まずはバンドカラー。

お伝えしたいのはこの襟の高さです。

首に沿う様に、少し高めの襟なのがお分かり頂けますでしょうか?

写真ではインナーに使用したボタンダウンシャツの襟が、少しだけ顔を覗かせるくらいの高さ。

後ろ姿はさながらジャケットの様にもなる、BONCOURA拘りの襟型です。

続いては、前立て裏のステッチについて少しお話ししたいと思います。

写真では中々、色目までしっかりとお伝えすることが難しいのですが、色目は淡いピンク色です。

ヴィンテージとはまた異なる魅力。

BONCOURAのオリジナリティのあるポイントであり、個人的にも大好きなディテールです。

前立て裏なのでコーディネートのアクセント、、、とは中々難しいですが、

自分だけが知るアイテムの良さとして、テンションの上がるポイントとしてのご紹介が出来ればと。

着て洗って着て洗って。

生地のエイジングと共に、このピンクステッチも褪せた色合いになり、オトコマエな表情になっていきます。

そうなった際の、モールスキン生地とのコントラストも、また雰囲気良いでしょうね。

まだまだ魅力はあります。

オリジナル制作のモールスキン生地。

これまたオリジナルのアンカーボタン。

ですが、中々文字に起こすとお伝えしきれないことが多く、歯がゆく感じる点が多いのです。

なので、この続きは是非店頭にてお話ししたいと思っております。

皆様是非、実物を見にいらして下さい。

その際余すことなく、商品の良さをお伝え出来ればと思います。

ご来店お待ち致しております。

text by 山田 潤弥


《詳細のお問い合わせはこちら》
LOFTMAN COOP UMEDA
Tel:06-6371-5881
mail:umeda@loftman.co.jp
address:〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町15-22 アーバンテラス茶屋町 B-1
担当:岡川


LINE@はじめました

ロフトマンコープ梅田店、LINE@はじめました。

LOFTMAN COOP梅田店の公式LINEアカウントがスタートしました。

イベント情報などCOOP梅田店の情報を皆さんにお届けします。友だち登録をぜひ宜しくお願います。

友達追加方法

下の「友だち追加」ボタンを押す、
または、LINEアプリのQRコードリーダーやカメラアプリなどからQRコードを読み取って下さい。

友だち追加