“COOP KYOTO 2F BLOG” 大人の為のCoach Jacket

ワードローブの定番的デザインでも、もともとのデザインが持つイメージとは違うムードで仕上げたアイテムの遊び心にはいつも心が踊らされてしまいます。
リアルな日常着として完成されていたり、一度世の中から脚光を浴びたディテールであっても、今そのままを再現してしまっても、それは時代にフィットしない時代遅れのモノでしか無いように感じます。
今シーズンから取り扱いを始めたeYe COMME des GARCONS JUNYA WATANAEB MANのクリエイションは、昔からあるような男の定番ギア的なデザインを、時代性にフィットした抜群なバランス感覚の独自性を持ったデザインにアプグレードしているアイテムが多いように思います。

 

 

最近入荷してきたCoach Jacketもそうで、Coach Jacketらしい“チープさ”のエッセンスは感じさせながらも、そのフォルムや素材使い、緻密なディテールの集積によって大人の色気を感じさせる現代の街の姿にフィットするアイテムに仕上げてあります。

eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN
Coach Jacket / Green
¥51,000+tax

eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANEB MAN
Coach Jacket
¥51,000+tax

太畝のコーデュロイや、異素材との切り返し、裏地の色使いや柄使い、フィッティングは下にニットを着ても着膨れがしないのに、野暮ったさを感じさせないフィットだったり…

本当に「気が利いた」ジャケットです。

ベタな感じでチノ素材のパンツやスウェットとのコンビネーションを楽しんでみても、ノスタルジックな感じはなくて、とても自然体で街に来て出かけられますし、

手縫いで立体に仕上げたSalvatore Piccoloのようなシャツや最新技術を駆使したARC’TERYX VEILANCEのパンツのような、“シュール”で凛としたアイテムと合わせても見事にシックにマッチするのが今回のCoach Jacketです。

仕事の時はスーツだけど、休みの日は軽く抜いてCoach Jacket。
そんな温度差のあるスタイルは素敵だと思うのですが、そのラフさも選んで演出出来れば尚良しなので、計算されたバランスで自然なルーズさを演出出来るeYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANのCoach Jacketは着回しも効いて大活躍の予感です。

ワードローブの中で後々に残っていくモノって、極端にシンプルで特徴の無いモノよりは、他と比べようの無い独自の世界観を持っているモノや、時代に抜群にフィットしたムードを実現しているモノだったりしますよね。

(TEXT 仁井谷)

 

 

&nbsp
《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP
tel:tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:仁井谷

COOP KYOTO, BLOG 2F, STYLING

“COOP KYOTO 2F BLOG” Puckering × Silk

この秋冬のシーズンもemma greenhillの新作のスカーフが店頭に登場しています。 ストーリーと共に柔らかなタッチと美しい色使いで描かれたemmagree…

2017.08.16Detail>>