BRANDLOFTMAN取り扱いのブランド紹介

FRANK LEDER / フランクリーダー

「FRANK LEDER/フランクリーダー」は1974年ドイツ生まれのデザイナー、フランクリーダーが手がけるウェアブランド。 セントマーチンズでファッションを学び、コレクションの製作にとどまらず、雑誌のスタイリストとしてのキャリアも積んでいます。 1999年自身の名を冠する「FRANK LEDER/フランクリーダー」のコレクションをロンドンで発表。 職人の国であるドイツの中でもとても希少な伝統的な手法でモノ作りを続ける工場を自ら探し出し、生地の製作を依頼。ヴィンテージのとても貴重な素材や原料、パーツを見つけ出して自分自身も納得出来るコレクションを展開。 洋服が出来上がった時が完成ではなく、着ていくことで初めて完成するというように、着込んでいくことで、生地の風合いが増し、体に馴染んでこそフランクリーダーの洋服の本当の良さを体感する事が出来ます。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

foot the coacher / フットザコーチャー

foot the coacher

「foot the coacher(フットザコーチャー)」と「Authentic Shoe&Co(オーセンティックシュー)」は竹ヶ原敏之介が手がけるシューズブランド。 竹ヶ原氏は美術系の大学に在学中、独学で靴作りを学び、1994年にドレスシューズメーカー「竹ヶ原敏之介」を創設。その後、渡英し「「Tricker’s」や「GEOGE COX」でデザインを手がけます。帰国後、立ち上げたブランドが「foot the coacher」です。 フットザコーチャーの靴には、日本国内を始め、イギリス、イタリア、フランス等、世界各国から取り寄せた選りすぐりの上質な素材を用い、日本国内の工場で熟練の靴職人によって作られています。 竹ヶ原氏は、1900年代のワークシューズなどをアイデアソースに、クラシックな靴作りをベースにしながらも、デザインは既存の枠にはとらわれない新たな形の靴を創造しています。 現在は「竹ヶ原敏之介」が改名されたドレスシューズのライン「Authentic Shoe&Co」とよりカジュアルな「foot the coacher」の2つのブランドを展開している。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ