谷尻ブログ(仮) – New Balloon Pant [African Print]/Engineered Garments

皆様こんにちは。

谷尻です。

今回は、Engineered Garments(エンジニアドガーメンツ)のNew Balloon Pant(ニューバルーンパンツ)のご紹介です。

生地は、今期を象徴するAfrican Print(アフリカンプリント)です。

ウエストはゴムとドローコードで調整できるイージーパンツ仕様となっております。

ウエストのゴムの締め付けがしっかりしており、写真では柄のせいでわかりにくいですがダーツが入っているため、タイトなウエストからワタリが広がり、そこから緩やかにテーパードがかかる、まさに風船のように丸みを帯びたシルエットが特徴のワイドパンツです。

以前まで出ていたBalloon Pant(バルーンパンツ)は、裾がリブになっており、その丸みをさらに強調したシルエットと相まってけっこう癖の強いパンツだったのですが、裾のリブがドローコードに変わったニューバルーンパンツは癖がなくなり、普通のワイドパンツとして扱える汎用性の高いパンツへとアップデートされました。

ただ、もちろん、ドローコードを絞っていただければ丸みを強調したシルエットにもできますし、スウェットパンツライクなスポーティーな印象でもご着用いただけます。

右後ろには、物を落とさないようにジップが付いたポケットもあります。

片手で開閉しやすいように、縦にシップが走っているのもありがたいポイントです。

以前までにご紹介してきたアフリカンプリントのジャケットやベストは、裏地がついていたので感じませんでしたが、ニューバルーンパンツは裏地がつかず、かなり薄い生地のため、真夏にも快適に過ごせそうです。

軽やかで履き心地も良いのでストレスフリーです。

元来、ワイドパンツや柄のパンツが好きな私にとってはどストライクなわけですが、やはり穿き慣れない方も多くいらっしゃるかと思います。

ただ、柄を入れるのにパンツは最適だと個人的には思っています。

トップスだと顔に近いので似合う似合わないというのが多分にあるのですが、パンツだと顔から遠く、さらには顔との間にトップスが挟まりますので、人を選びません。

パンツで柄を入れているため、トップスは無地で構いませんし、それだけでコーディネートがまとまってくれる非常に便利で楽なアイテムです。

今回のコーディネートでも、後日ご紹介いたしますが、私の着ているレッドのFowl Vest(ファウルベスト)をなくしてしまえば、ネイビーのシャツにブラックのジャケットといったベーシックな合わせになりますが、そういったベーシックなアイテムもいっきにお洒落に見せてくれます。

ダークトーンの物と合わせると、遊びと格好良さのバランスが良いのでお勧めです。

ワイドなシルエットがリラックス感を醸し出し、履き心地も良く、トップスがどんどんシンプルになる春夏シーズンには最高に頼りになる一本です。

個人的にも、この夏はこいつ頼りになりそうだなぁ、と思っております。

brand = Engineered Garments
model = New Balloon Pant [African Print]
color = Patchwork
size = XS/S/M
price = 38,000yen(plus tax)

*Engineered Garmentsの商品はLOFTMAN EQでも販売しています。

《お問い合わせ》
tel:075-212-3988
mail:bd273@loftman.co.jp
担当:谷尻

BDLOGO