谷尻ブログ(仮) – Work Shirt [Mini Polka Dot Lawn]/Engineered Garments

皆様こんにちは。

谷尻です。

今回は、前回のEngineered Garments(エンジニアドガーメンツ)のAndover Jacket(アンドオーバージャケット)、African Print(アフリカンプリント)のインナーに着ていた、EGのWork Shirt(ワークシャツ)のご紹介です。

2017秋冬シーズンのときにもWork Shirtは詳しくご紹介いたしましたが、基本的なディテールは変わっていません。

ガチャポケ、猫目ボタン、トリプルニードル、エルボーパッチ、空環仕上げなど、ヴィンテージワークシャツのディテールが盛りだくさんの王道アメリカンカジュアルアイテムです。

ただ、今回の生地、Mini Polka Dot Lawn(ミニポルカドットローン)は、その名の通とおり、細かいドット柄になっています。

ドットというと、あまりワークアイテムとの親和性はそれほど高くないように思いますが、だからこそギャップのある一着になっています。

ただ、今回の生地はその形と柄とのギャップだけでなく、もう一つ面白いギミックがあります。

いわゆるリバースプリントといわれる、生地の裏使いをしています。

服の裏側に着ている面が、本来は生地の表側なのですが、表裏を逆にしてしまっています。

なので、裏側はドットのプリントがはっきりしているのですが、表側のドットは擦れてしまっています。

遠めから見たときに無地に見える柄を、デザイナー鈴木大器氏のお言葉を拝借すると、「準無地」というのですが、これがたいへん便利で、一枚で着たときにプレーンになりすぎないですし、Engineered Garments流でいくと準無地は無地として扱えるので、柄物とあわせていただいても問題ありません。

African Print(アフリカンプリント)とあわせても問題ないので、本当になんにでも合うんじゃないでしょうか。

ドットというと、可愛げのあるイメージなので敬遠される方も多いかと思いますが、ドット自体は古くからある柄ですし、このシャツに関してはドットが小さいのでクラシックな印象です。

ワークシャツという男くさい形に可愛げのあるドットというギャップやリバースプリントのギミックが面白く、柄も小さいうえに擦れているのでなんにでも合ってくれる万能選手です。

色は、EGには欠かせないダークネイビーなので大人っぽく着ていただけますし、今期のLove & Musicのポップな色柄とのバランスを取る役割として、たいへんおすすめです。

brand = Engineered Garments
model = Work Shirt [Mini Polka Dot Lawn]
color = Dk. Navy
size = XS/S/M/L
price = 27,000yen(plus tax)

*コチラのEngineered Garment Work Shirt [Mini Polka Dot Lawn/Dk. Navy]はLOFTMAN EQの下記販売ページより別途詳細がご覧頂けます。

《お問い合わせ》
tel:075-212-3988
mail:bd273@loftman.co.jp
担当:谷尻

BDLOGO