The FRANKLIN TAILORED – at 1st floor –

「ザッツ関西」

 

いよいよ久しぶりの関西上陸を果たす板井 秀司。

 

私達ロフトマンが買い付けた2014年春のベストバイと言い切れる洋服がこの「スーベニアジャケット」でしょう。

 

umeda-2014-0327-2

FT6J4
Souvenir Jacket
Tiger embroidery
price:135,000+tax

 

男なら一度は袖を通すべき洋服「スカジャン」を店主が作ると、これ程の完成度に。最近よく耳にするテーラード工場で作りましたのフレーズは「この一着」を見てから声に出して欲しいものです。

 

洋服を作る際にジャケットとブルゾンを仕立てる工場は全く別なモノ。どちらにもこだわる洋服作りが必ず有ります。

 

その垣根を崩してしまった店主のクリエイションは、メイドインジャパンを世界の舞台に認めさせたい気持ちが溢れだした「スカジャン」に。

 

モヘア混の生地を形に落とし込み、更に特筆すべきは「刺繍の虎」

 

umeda-2014-0327-1

 

振りミシンを使い、国宝級の職人さんが一色の糸のみで濃淡をつける事により生まれる数頭の虎の表情は、全てが異なる。

 

一着、いや一頭仕上げるのに相当な時間を要する為、実は少量生産のスーベニアジャケット。店頭では完売の虎2頭を店主が今回青山の店からあえて連れ出してくれる事になりました。

 

「飼われるかどうか…一見の価値は大有りですよ」

 

片岡 剛

 

COOP UMEDA, BLOG 1F, STYLING

The FRANKLIN TAILORED – at 1st floor –

「この柄あわせはなんやねん」   昔、昔の働く人達が着ていた純粋な日本人の柄「絣」   以前に店主が軽く言った台詞を皆さまに…「スリーピース…

2014.03.25Detail>>
COOP UMEDA, BLOG 1F, STYLING

The FRANKLIN TAILORED – at 1st floor –

THE FRANKLIN TAILOREDがいよいよ本格的に始まります。この洋服との出会いから3年目を迎え「私の好きなTHE FRANKLIN TAILORED…

2014.03.24Detail>>