フェスの持ち物

今日は京都大作戦ですね。
実は夏フェスに行った事がありません。
行ってみたいとは思いつつも、土日開催が多いのも相まって、日程を合わせるのが難しいんです。
と、そんなことは置いといて…
自分だったらどんなモノをフェスに持っていくか、行く予定が無いのをいいことに予算度外視で好き勝手にチョイスしてみました。
うちのお店は機能的な洋服が多くて迷いました。

それでは足下から順々に発表です。

<アウトドアサンダル>
coop-2015-0704-3
Teva
Original Universal
¥6,200+税
HURRICANE TOE PRO
¥8,800+税
KEEN
YOGUI ARTS
¥7,800+税
SHANTII ARTS
¥6,800+税
NEWPORT H2
¥12,000+税

フェスの天気は結構変わると聞きました。さっきまで晴れていたのに急に雨が降ったり…雨が降ると地面もぬかるみます。
だったら最初から濡れてもへっちゃらで、汚れても簡単に水で洗い流せるTevaやKEENなんかのアウトドアサンダルが足下のベストじゃないかと思いました。
踏まれても大丈夫なように、つま先が付いているモデルがベストです。
寒ければ、靴下も履けます。

<タフなショーツ>
coop-2015-0704-1
Patagonia
Stand Up Shorts
¥8,200+税

ショーツはとにかくヘヴィーデューティーでオーセンティックなショーツが良いなぁと思いました。
PatagoniaのStand-up ShortはPatagoniaが昔から作っているモデルですが、タフな素材感とディテールに惹かれます。
大きなポケットにセットリストでも水でも何でもポイポイ放り込んで盛り上がりたいです。
汚れている位がかっこいいショーツなので地べたや岩の上もなんのそのです。

<着心地良いカットソー>
coop-2015-0704-5
JUNGMAVEN
BAJA Pocket Tee
¥6,300+税

カットソーはとにかく汗を吸っても快適なやつが必需品じゃないかと思います。
尚かつかさばらなくて、着替え用に何枚か持っていけるやつ…
と考えていると、最高に良いやつを見つけました。
JUNGMAVENのコットンヘンプTです。中でも“BAJA”というモデルはタイトじゃなくルーズ過ぎない程よいフィット感を持っていて、厚みや弾力の加減も抜群です。
表情もオーガニックで野外フェスにはマッチします。
3枚くらい持って行けば、心おきなく飛び跳ねられるはずです。

<防水ウェア>
coop-2015-0704-2
Patagonia
Torrentshell Pullover
¥14,000+税
Alpine Houdini Jacket
¥24,000+税

これもフェスの天気は変わり易いということで…
何時間雨に打たれても平気な“完全防水”をうたった性能のナイロンウェアが必要です。
Patagoniaのマウンテンパーカは優れた防水性もさることながら、デザイン性がとても素敵だと思っています。とても簡潔で清々しいミニマルさがあります。
Patagoniaのデザインなら、フェス以外の街での生活にも普通に取り入れられます。
性能の割に値段もそんなに高くなり過ぎないので一着は持っていきたいところです。

<ハットタイプの帽子>
coop-2015-0704-6
Patagonia
Wavefarer Backet hat
¥4,500+税
KAVU
Chillba
¥5,800+税

昔、夏場に帽子を被らずに出かけるとよく怒られました。
晴れた日にずっと頭を晒しているいると倒れてしまうので、帽子が必要です。
帽子として狙うなら、キャップタイプよりハットタイプの帽子が良いなぁと思いました。これは結構ルックスによる所も大きいですが…
バケツハットやチルバなど、水に強くてコンパクトに畳めるモノだと嬉しいです。

<ご機嫌カラーのリュック>
coop-2015-0704-4
MYSTERYRUNCH
BOOTYBAG
¥12,500+税
Pataghonia
TOROMIRO PACK
¥10,000+税

やっぱり両手があいた方が良いに決まっているので、バッグはリュックタイプです。
コンパクトにまとめようとする人が多いのかと思いますが、多少大きくなっても良いんじゃないかと思いました。
着替えや雨具、十分な水分と汗を拭くタオルと念を入れてなるべく不便が無いようにした方が思い切り楽しめます。
真っ黒は味気ないので、グリーンやオレンジなどアウトドアバッグブランドのご機嫌なカラーリングのリュックが大本命です。

思い思いのスタイルでフェスに行けたら最高ですよね。

 

(TEXT 仁井谷)

 

COOP KYOTO, BLOG 1F

思い切る / Patagonia

5月に入って一段と夏に近づくと、もう一段階ラフなスタイルをしたい気持ちになります。 夏の街にマッチするルーズさを持ちながら、スタイリングとして成立するコーディネ…

2015.05.10Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F

この上ない着心地 / JUNGMAVEN

こんにちは、岩下です。 休みの日はBBQに行ったり、休憩時間は屋上で日光浴をしたり、夏ライフが本格的に楽しめるようになってきました。 店ではこんなタンクトップも…

2015.06.07Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F

役割 / OAKLEY

最近、朝の日差しがとても眩しいです。 一日中店内にいることが多いと、あの日差しは天敵です。 それでいつも思うのが、サングラスってありがたいなぁという事。 ファッ…

2015.05.13Detail>>