Jacket × Print Tee / COOP KYOTO 1F

今年もG.W.が終わり。。。と、言ってる間にもう5月も後半。

各ブランドからのデリバリーも落ち着き、毎年のことですが「今年の夏はどんな感じのスタイルが良いかなー」なんてスタッフ間で話になります。

勿論ショーツ類もお店には沢山あるのですが、店内の空調も言い訳にして、毎年変わらずなワイドなパンツに革靴 or レザーサンダルなバランスになりそうです。

ですが、個人的に今年はプリントTが着たいなーなんて思惑がなんでか2月頃からあります。なんでかは分からないままですが、、、それにプラス α ラペルドのジャケットが着たい気分なのです。(アンライニングの)

毎年夏はラフなので、ちょっとばかしは締めたい気分なのでしょう。

 

昨年CASEY CASEYのジャケットにカレッジのプリントTを合わして袖をまくり、アクセサリーが覗く感じが個人的に調子良かったのです。

まぁ言ってる間にすぐ暑くなってしまうのですが、ささやかな抵抗と、実際室内や車内の空調対策や日中と朝晩の寒暖差には良いと思っております。日中も日向でなければ、ぜんぜん長袖いけますし。

裏張りがなければ、汗をかいても不快感は少ないし洗えば良いし、どうせ何着ても暑いので、と。

 

– 初夏にジャケットを着る個人的良い点 –

○ ラフすぎない
○ 体のシルエットを隠せる
○ 一枚モノなら洗える
○ 一枚モノならそんなにシワが気にならない
○ 収容力アップ
○ 寒暖差に対応できる  etc….

 

結構良いところ多いと思ってます。

 

結局のところ月並みにはなりますが、ジャケットなんかを着ていても「首」が出れば軽やかに見えるという事かなと思っております。

Tシャツで首を出し、ジャケットの袖をまくって手首を出す。アクセサリーなんかも合わせれて夏のコーディネートも楽しめそうです。

 

whowhat × Niche.

whowhat   ‘‘7 POCKET JACKET’’  ¥54,000
Niche.   ‘‘Flower Seeds T-Shirts – DAHLIA – ’’  ¥8,964

 

雰囲気抜群な素材感とシルエットのジャケットには、負けないくらいに大きなプリント、鮮やかなカラーリングで。

脱いでもバックプリントがネタっぽくて良い感じです。

 

ATELIER&REPAIRS × FOTOFOLIO

ATELIER&REPAIRS  ‘‘THE ALBERTO BLAZER’’  ¥63,720
FOTOFOLIO  ‘‘Crossing The Ohio’’  ¥8,640

 

デニムにブラックのフォトT、ちょっと汗臭そうな感じが男っぽくて、、、良い意味でです。

ジャケットも最初から柔らかく着れるような加工がされているので、硬さなく着れます。

 

EESETT&Co. × Champion

EESETT&Co.  ‘‘SPECTATOR JKT (CAMBRIDGE) ’’  ¥64,800
Champion  ‘‘C5-P302’’  ¥5,940

 

リネン混の今の時期ピッタリなジャケットにはシンプルでキャッチーなChampionを。潔い。

格好良くなり過ぎず、程良く力の抜けた感じが気分です。

 

SASSAFRAS × eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN

SASSAFRAS  ‘‘Whole Leaf Coat’’  ¥43,200
eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN  ‘‘WC-T910-100’’  ¥18,360

 

清涼感のあるカラーリングにポスターみたいなプリントを全面に。

ジャケットではないですが、マイノリティになるバランスは雰囲気も出ますし、なんだか賢そう。サンダル履けばまだまだいけそうです。

 

 

正直なところプリントTはフィーリングが大半かなと思いますので、揃ってる今見に来て下さい。

 

(TEXT  上松)

 

 

《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP 1F
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:山野