COLUMN vol.7 LOFTMAN

僕とロフトマンの出会いは今から5年前です。

京都育ちの僕はもちろんロフトマンを知っていました。

当時から洋服が好きだった僕にとってはやはり気になる存在。

けど、どこか恐れ多くて入店できませんでした。

社会人1年目に(僕は一年半営業職をしていました。)あるきっかけで、今はbru na boinne 東京の店長(当時B.D.副店長)の松尾サンに出会い、トーマスカーティスの3連リングを購入させていただきました。

サイズが大きかったのでサイズ直しをしてもらうことになり、後日もう一度修理上がりをとりにB.D.へ。

その時にたまたま松尾さんがお休みで、今の店長ミツルさんに対応していただきました。

思えばここが運命の分かれ目でした。

本人にも言ったことはないですが、実はミツルさんのことは知っていました。

カジカジに載っている格好いい人。

実は緊張していました。

とても丁寧に対応していただき、あかるく元気でした。

指輪を受け取り、帰ろうとした時、田口さんに出会いました。

田口さんは当時から気さくで、話しかけて頂き、同い年ということもあり即意気投合。

そこにミツルさんも交え2時間ほど笑いっぱなしで、今思えば相当暇だったのでしょう笑。

洋服屋さんであんなに笑ったことはありませんでした。

そこでなぜか、帽子を購入して家に帰りました。

凄く気持ちのいい買い物。

そこからロフトマンのブログを見るようになり、bru na boinneの名作no more pantsの紹介を見ます。

欲しい。

どうしても欲しい。

しかもスペシャルBOOKまで貰えるらしい。

けど、以前対応してくれた2人は僕を覚えているんだろうか?

しかもB.D.なんか入りにくい。

ジレンマでした。

何度か店の前を通り過ぎ、勇気を出して入店。

すると一、二ヶ月前と変わらず、充さんからとても元気なこんにちはを頂きました。

正直にブログを見たと告白して、パンツを購入し見送っていただきました。

この頃から憧れの存在に変わります。

そこから休みの度にお店に通うようになり、イイさん、八木さん、杉本さんや片岡さんに出会いました。

みんなとても優しく、面白く、笑顔が溢れていてとても楽しかったのを今でも覚えています。

元々洋服が好きだった僕は憧れから共に働きたいと思うようになりました。

そして、当時の会社を辞めて履歴書を持って行きました。

ミツルさんはとても驚いていましたが一言「何かそんな気がしてたわ」と笑顔で履歴書を受け取っていただきました。

そして面接に合格しました。

正直泣きました。

憧れの方々と憧れの場所で共に働けるなんて夢のようでした。

自分には洋服屋なんて無理だと、あんなのはお洒落で選ばれた人がやるものだと思っていたんです。

ミツルさんは僕に何もしていないとと言うけれど、僕を導いてくれたのは間違いなく充さんです。

今でも尊敬してますし、これからもずっと。

感謝しかありません。

約3年半前から働きだし、僕を育てていただいた先輩たち。

僕を支えてくれた後輩たち。

その間に出会えたお客様や全ての方々。

ほんとうにありがとうございました。

僕は人生で一番の幸せをこの場所で得られました。

僕の憧れの場所、ロフトマン。

ありがとうございました。

夢は現実になるということを教わりました。

ずっと大好きです。
最後にこの場をお借りして皆様に一言ずつ。

イイさん、厳しくしていただいてありがとうございました。その分の笑顔も。今の僕があるのはいいさんのおかげです。

片岡さん、1番面白く、一番道標を示していただきました。王将でのことは忘れません。ありがとうございました。

八木さん、兄貴やおもてます。一番共に時間を過ごし、1番笑顔をくれました。ありがとうございます。

杉本さん、喧嘩もいっぱいしましたけど一番洋服が好きで尊敬してました。僕が当時ベレー帽をずっとかぶっていたのは杉本さんのパクリです。

田口さん、同い年で似てる顔。いつも1番笑顔で相談に乗ってくれました。先輩やけど友達やおもてます。

ショウチ、僕のお客さんでこんな僕に憧れてくれた可愛いやつです。弟やおもてます。

北原、背も高く声も大きく、よく笑うけど本当はすぐ泣く。僕の最高の後輩です。

藤堂、共に働く時間は短かったけど本当に洋服が好きで真面目なやつ。癒されてたよ。

ミツルさん、やっぱりあなたは僕の憧れでありにいちゃんのような親父のような感じ。大好きです。本当に感謝しています。

そして、こんな僕に会いに来てくれてた方々。失礼ですがお客様というよりは友達だと思っていました。僕のために泣いてくれた方もいました。僕は幸せです。宝物です。

最後の終礼でやっぱり泣いてしまいました。

ミツルさんの「泣くなや、最後は笑顔や、ずっと仲間や」と言っていただいたことは、一生忘れません。

生まれてきて良かった。

本当に皆様ありがとうございました。

山田達也

 bd-2014-0124-9

bd-2014-0124-3

bd-2014-0124-7

bd-2014-0124-8

bd-2014-0124-1

bd-2014-0124-5

bd-2014-0124-2

bd-2014-0124-6

bd-2014-0124-10

bd-2014-0124-4

B.D., COLUMN

COLUMN vol.6 山田教習所 卒業。

あと三日。 ロフトマンB.D.スタッフ山田(通称たっちゃん)がもうすぐ卒業する。 同い年の彼には非常に助けられた。 仕事の面でも、笑顔の面でも、精神的にも。 正…

2014.01.17Detail>>