NUNATAK ORDER EXHIBITION 2019 vol.04

3/24まで開催させて頂いております“NUNATAK ORDER EXHIBITION 2019”。

終了まで、残り3日となりました。

今回、オーダー可能な三型はBlogにてご紹介させて頂いておりますので、是非みなさまご検討お願い致します。

<SHAKA HOODIE PULLOVER>
https://loftman.co.jp/bd/189915

<SHAKA PULLOVER VEST>
https://loftman.co.jp/bd/189913

<KOBUK DOWN HOODIE>
https://loftman.co.jp/bd/189914

<About NUNATAKU>

カナダ北部またはグリーンランドに住むエスキモーの言語で【雪や氷河で覆われた尖った岩】を意味するNUNATAK(ヌナタク)。

約20年間に渡り、アメリカ西海岸の著名な山々を制覇した山岳ガイド・Tom Halpin(トム・ハルビン)が1999年にWEST SEATTLEにて創立したアメリカのダウン専門メーカーです。

この当時は、素材選び、縫製、ダウンの封入から自身の経験(と趣味)を生かした商品テストまで、全ての工程をたった一人で行っていました。
現在はユタ州モアプへと拠点を移し、シュラフやダウンジャケットなど極寒仕様のダウンアイテムを4人の仲間と製作しています。

その為、製品はマーケティングやコストパフォーマンスに囚われない、独自に進化した完成度を実現することに成功しました。

中でも最たる特徴として挙げられるのが、ダウンのキルティング方法です。
通常のダウンジャケットは、表地と裏地を貫通させ、キルティングする手法を用いて製作しています。

しかし、NUNATAKでは主に寝袋などに使用されるボックス構造を採用することにより、コールドスポットと呼ばれる箇所が無くなり、包み込むような着心地と通常のダウンジャケットよりも格段に高い保温力を提供してくれます。

また、ダウンを封入する際も通常のメーカーは掃除機の逆噴射の様な機械で行うのに対し、NUNATAKでは1箱毎に計量カップでダウンの量を量り手作業で封入しています。それはダウン製品を製作する上で、最も手間のかかる方法といえます。

しかし、それらの時間を惜しまない製作工程の一つ一つがNUNATAKの品質を実現するための拘りであり、シビアな環境への高度な適応をもたらしてくれるのです。

京都では初となるNUNATAKのオーダー会。

極上の快適な着心地を誇るNUNATAKのラインナップを是非、この機会にご覧下さいませ。

《イベントページ》
https://loftman.co.jp/event/186250

《お問い合わせ》
tel:075-212-3988
mail:bd273@loftman.co.jp
担当:田口

BDLOGO

B.D., ITEM, STYLING

7×7 – BAL COLLAR COAT(Khadi) [RED BROWN]

インドを代表する手紡ぎ手織り生地のカディーを使用したバルカラーコートが7×7よりリリース。 カディーの中でも、特段軽やかさのある生地感を採用し、今季のメインカラ…

2019.02.05Detail>>
B.D., ITEM, STYLING

BONCOURA – スイングトップ [ネイビー]

BONCOURA(ボンクラ)より定番・スイングトップの2019SSコレクションアイテムが入荷。 ハリコシある唯一無二の生地感は過去の名作を凌ぐ汎用性が感じられ、…

2019.02.06Detail>>
B.D., ITEM, STYLING

Shelt – STORK FISHERMAN STANDARD

“Shelt(シェルト)”。 栃木県那須塩原発ブランド。 軽量なシェルターとテントの快適性を合わせた製品への想いから“Shelt”は完成しました。 つまりはシェ…

2019.02.03Detail>>