谷尻ブログ(仮) – Liner Jacket [Dk. Navy]/Engineered Garments

皆様こんにちは。

谷尻です。

今回は、前回ご紹介いたしましたDuffle Coat(ダッフルコート)同様、進化を遂げたEngineered Garments(エンジニアドガーメンツ)のLiner Jacket(ライナージャケット)のご紹介です。

去年のLiner Jacketは、いわゆる通常のジャケットの丈だったのですが、今年は丈が少し伸び、ヒップがすっぽり隠れるようになっています。

通常のミリタリージャケットのデタッチャブルライナーにも、丈の短いジャケット用のライナーと、丈の長いコート用のライナーがあり、今回はコート用のほうを採用した、といったところでしょうか。

ただ、今回は袖と襟にウールのリブが付いており、変形のアワードジャケットのような印象も受けます。

生地もポリエステルとコットンのネイビーとなっており、都会的で癖のない、プレーンなデザインです。

こちらもDuffle Coat同様ドロップショルダーとなっております。

リラックスしたフィット感なため、中に着込むことができます。

脇下にはベンチレーションがあり、熱を溜め込みすぎず、動きやすくなる配慮も。

この垂れ下がっている紐はなにかというと・・・・・・。

実はこのLiner Jacket、リバーシブルの仕様となっており、裏側で着たときに前を留めるためのストリングなのです。

裏面は、ボディがメルトン、アームが今季注目生地のPC Kashaと呼ばれる、通常はジャケット等の裏地に付く光沢感のある生地となっています。

ネイビー単色ではありますが、生地の切り替えが表情をつけてくれます。

ストリングで留めた部分も変化があって面白いですね。

首の部分にはEGのブランドタグとサイズ表記が堂々と表れます。

ここは好き嫌いが分かれる部分だとは思いますが、個人的には裏返して着ていることを主張できるので大好きなポイントです。

EGのリバーシブルは、ベストにしろコートにしろ、本当に使い勝手が良く、一枚でまったく違う表情を見せてくれるので最高に好きです。

Liner Jacketも、癖が強いインナーやパンツと合わせるときはプレーンな表面を、シンプルなアイテムと合わせるときには癖のある裏面を、というように、さまざまなアイテムとバランスをとってくれます。

生地にウールは使われているものの、そこまで厚さはなく、真冬のアウターとしては難しいかもしれませんが、ゆとりのある身幅を活かして仲に着込むと着る時期も延びるでしょうし、なにより、ライナージャケットというだけあって、冬物のコートのインナーとして着てやると面白いです。

そのときには、アームのKashaが袖の滑りを良くしてくれるでしょうし、アウターの前立てから見えるストリングが、変化をつけてくれるでしょう。

もちろん、防寒性も抜群です。

個人的には、この冬に着るどのコートにもインナーとして忍び込ませてやろうと思っています。

brand = Engineered Garments
model = Liner Jacket [Melton/PC Poplin]
color = Dk. Navy
size = XS/S/M/L
price = 88,000yen(plus tax)

*コチラのEngineered Garment Liner Jacket [Melton/PC Poplin/Dk. Navy]はLOFTMAN EQの下記販売ページより別途詳細がご覧頂けます。

《お問い合わせ》
tel:075-212-3988
mail:bd273@loftman.co.jp
担当:谷尻

BDLOGO

B.D., Engineered Garments, ITEM, STYLING

Engineered Garments – Riding Coat [Black]

 皆様、こんにちは。 今回からは、田口の目を恐れることなく私、谷尻がブログを更新させていたくことも増えるかと思いますので宜しくお願いいたします。 今回は、新作、…

2017.08.30Detail>>