コープ梅田日記 vol.6

皆さま、ブルーナボインの2018年春夏のルックブックはご覧になって頂いたでしょうか?

今回のテーマは「毎日の宝物」

海辺近くの小さな工場での工場長と彼の何気ない日常のショートストーリー。

今僕たちが携わっている「仕事」それは家族の幸せ、目標の達成感、仕事終わりの一杯、、、何の為に只管に働くのか。

そんなことに思いを馳せる内容になっております。

そんなショートストーリーからの抜粋

目指すところが遠くであろうと近くであろうと
最初の一歩は目の前にしか踏み出せないということを
彼は知っているのだ

そのとおーり!
仕事に近道はないです。
僕自身、梅田店に配属になり、それを痛いほどに感じています。

今シーズンのルックブックのモデルはリアルに街の最前線で働く人たちが登場しています。

拘るな〜。

これがまたカッコ良い!

まだ少し部数ございますので是非店頭に見にいらしてくださいね。

因みに写真の休憩してるクマが工場長でウサギが彼です。こんなひと時がまた日常の宝物なんですね。