コープ梅田日記 vol.5

西武に松井稼頭央が帰ってくる。

来年テクニカルコーチと兼任で古巣西武に復帰する松井稼頭央選手の朗報に心が踊りました。

攻、走、守、三拍子揃った遊撃手。

顔もカッコ良けりゃ、筋肉番付に出れば好成績。マウンドから投げれば150キロ出しちゃう、文句のつけようがないプロ野球選手、松井稼頭央。

スイッチヒッターとして初めてトリプルスリーを獲得したのも松井選手です。

いや〜嬉しいですね。今年42歳で現役に拘り続けての古巣復帰。イチローと同年代で活躍してたのでタイトルは多くないと思いますが、記録より記憶に残る選手です。

松井稼頭央といえば、ショートストップ。間違いなく遊撃手。

今から3年ほど前、ミスターショートストップの松井選手が外野手に転向すると言う内容のニュースを聞いたとき、耳を疑った事を覚えています。この時、39歳ですよ。
普通なら守備範囲の狭いファーストかサード、パリーグやし若しくはDHの選択肢もあったのに、外野手挑戦。

理由は若手のええ選手をショートで使って欲しいから。まだまだ若い選手に守備は負けない。緊急事態やったらいつでもショート守りますよ。と。

カッコ良すぎる。

この時は楽天に所属して、確かキャプテンを努めていた時だったと思うのですが、これ、自分が出来るか?と思うと中々出来たもんじゃないと思うんです。永年拘ってきた事を40歳を前に、後輩に譲って新たな場所での挑戦。

どこでもやりますよ精神。

噛り付いても出場したろ精神。

そこまで現役に拘った男の古巣復帰、背番号はもちろん〝7〟

西武フロントの想いも伝わる僕の中でのストーブリーグの開幕でした。

松井稼頭央選手の口癖は「もっと野球が上手くなりたい」「あくまで通過点」僕も、いつまでも仕事に誇りを持ち続け、こんなストイックな言葉を言える男に成っていきたいと思います。

2回連チャンで野球ネタ失礼しました。最後まで読んで頂きありがとうございます。

STAFF TANAKA

コープ梅田日記 vol.2

先日、突然お誘い頂き、美味い肉食わしたるわ~。と仕事終わりに天満へ。 駅で待ち合わせをし、汗だくになって着いた先は森島さん曰く、生でも焼いても最高に旨い焼き馬肉…

2017.08.25Detail>>
STAFF TANAKA

コープ梅田日記 vol.3

今年秋冬のお買い物、一発目は革ジャンでした。 展示会で一目惚れした真っ青のアランジャケット。 実は黒も所有しているので、二着目です。 僕がロフトマンに入社して直…

2017.09.04Detail>>
STAFF TANAKA

コープ梅田日記 vol.4

店頭でもお話しさせて頂くことが多いのですが、僕は野球が好きです。 特に学生時代に打ち込んだわけでもないのですが、凄く好きです。 いやいや、これここのblogに書…

2017.10.01Detail>>