稲葉ブログ / 冬の良品

そろそろ本格的に寒くなりだし、ファッションとしてだけではなく寒さを凌ぐ為にもニットやコートに目が行くところ。

店頭ではすでに寒冬を余裕をもって過ごせるほどの暖かいものがずらりと並んでおりますが、そんな中個人的に最も楽しみにしていたアイテムの一つが入荷してきました。

 

コムデギャルソンの縮絨(しゅくじゅう)素材のアイテムです。

コムデギャルソンが持つ様々な代表的なデザイン、再構築やパッチワークなどブランドを象徴するようなものがありますが、自分が好きなコムデギャルソンのデザインは縮絨です。

ちなみに、縮絨とは織り生地に水分と溶液を含ませて縮める事によって生地の目をつめる加工の事で、ヨーロッパのローデンクロスやメルトン素材もその一種です。

目を見張るような派手さがあるものではないのですが、縮ませて歪んだ生地の表情は硬さがないのに重厚感がでる。

今回入荷したこのコートも本当に良い。

 

 

 

 

 

黒単色だとモードな雰囲気になる着丈の長いシルエットなのですが、縮絨独特の歪みが全体的にシルエットを直線的なものから少し丸みのあるものにし、生地自体が歳を重ねて変化したような表情になり表面には起毛感がでます。

また、ギャルソン独特の襟先が少し丸くなっていることもあり、このコートを着たときにブラックのロングコートが持つ他を寄せ付けないような威圧感は本当にない。

少し長めに作られた袖をまくるとキュプラのストライプが見えるので、個人的には袖を折って着る事もお勧めです。

 

 

 

 

 

ギャルソンらしくデザイナーズのすっきりしたパンツとの組み合わせもいいですし、クラシックなウールサージのコートとして、ジャケットにトラウザーズでのスタイリングも肩の力が入り過ぎない雰囲気で使いやすいですよ。

また、パーカーなどスウェット生地のアイテムとも意外と合うので試してみてください。

自分は中にGジャンやタイトなレザージャケットなど、ショートブルゾンを合わせるスタイルがお勧めです。

 

 

 

 

コート自体の重量が軽く、スタイリングも軽く印象に仕上がり、ウールのコートという少し堅く感じるイメージを払拭してくれるコムデギャルソンの良品。

一度袖を通してみて下さい。

 

 

 

 

STAFF INABA

稲葉ブログ / Movember

    “Movember (モーメンバー)”という言葉を聞いた事ありますか? 11月を意味する November …

2020.10.17Detail>>