稲葉ブログ / 待つ楽しさ

 

洋服屋は量の違いはあれど1年中常にいろいろと商品の入荷がありますので、服が好きで働いている者にとってはまさに服屋冥利に尽きるというもの。

届くパッキンを開けるたびにワクワクさせられ、毎回アイテムが届いては「やばいの入ってきたねー」とか「個人オーダー分ついに来たよ」などと盛り上がっています。

そんな中でもCOOP京都店2Fにとって、COMME des GARCONSとkolor の新しいシーズンが立ち上がる1月と7月は特別です。

半年前に見たコレクションのアイテムが、店頭に並ぶ瞬間というものは何回経験しても心躍るもの。

COMME des GARCONSは今回このご時世もあり、例年より少しスタートが遅れる事となりましたが、それもまた焦らされているかのようでより楽しみにしてしまいます。

メインの2つのブランドに加え、今回は久しぶりの展開となり僕自身も前回買い逃して欲しかったデニム、そしてお客様からのお声がけもかなり多いレザーシューズなども一斉に入荷するというかなり盛りだくさん。

旅行の日取りが決まるとそれまでの日にちに数字がつきカウントダウンされるようで、何かを楽しみに待つということはとても楽しい。

もちろん実際に目にしたり体験する事が一番なのですが、楽しみにする時間というのもそれはそれでとても良いものだと思います。

今一番使えるのは夏物ですが、これからくる秋が楽しみになるような買い物が出来る初めのタイミング。

ぜひ今月後半のチェンジオーバーを楽しみにしてください。

僕と三島はここ最近仕事そっちのけで、次に買うアイテムのミーティングばかりです。笑