稲葉ブログ / パッカリングパンツ

2020年となりました。

すでに1月後半となっていますが改めて明けましておめでとうございます、今年も宜しく願い致します。

例年あまりしていないのですが年初めに抱負をいくつか決めたので、今年はそれを実行しようと思っています。

3日坊主な事は自分でわかっているので、今回は忘れない様にそれを記載するものまで用意してかなり本格的です。

そのひとつに運動する事が入っているのでその際PATAGONIAのウェアーをよく着ているのですが、目的があってその為に作られたプロダクトはすごく機能的だと改めて関心させられます。

軽さ、動きやすさ、そしてとても快適で、ファッションとして購入したものがふとしたタイミングで何かを始める事にそのまま使えるからギアは楽しい。

使うほどにもっとバリエーションが欲しくなる悪い癖を抑えながらも、やはり新しいアイテムを調べています。

それと同様に、洋服でもスタイリングする度にさらに新しい組み合わせの発見があり、すでに持っているのにもっとバリエーションが欲しくなるアイテムが今回も入ってきました。

 

kolorのパッカリングパンツです。

 

 

3年前からの取り扱いとなるkolorのまさにアイコン的アイテムで、COOP2Fでももはや定番の位置づけになっています。

本来パッカリングしない素材をも内側の生地を縮ませる事によって、アウトシームをつった状態にしているパンツ。

クシャッとしたフォルムがなんともいえない雰囲気で少しだらしないように見えて、それでいて他の洋服と組み合わせると不思議と様になる偶然を狙っているような僕の中でジーニアス的な存在。

取り扱いを始めてからはリリースされればだいたい毎回買っているのですが、今回のコレクションのパッカリングパンツもとても良い生地で色が良い上、柄まであります。

コットンポリエステルの適度な硬さの生地感は、ラフに履きこんでも気にしないでいいほど強いし、ポリエステルが入っている為色あせを気にすることなくガシガシ洗ってもいい。

またメンズのスタイルのパンツにチェックを持ってくるとスマートな印象が強くなると思うのですが、このシルエットのパンツだからこそ、その柄さえも変な上品さが出る事も無く合わせる事ができます。

シンプルなニットやコートとの合わせももちろん良いですし、PATAGONIAなどのギア物にあわせるとまた違ったおもしろいスタイリングに。

 

 

 

 

今回はやめておこうと思いながら今回しか出ないと分かっている為、言い訳をしながら我慢出来なさそうです。

集めているわけではないのに結果的に増えるのはこういう事かと一人納得しながらもなかなかやめられないもの。

ですが買って満足してそのままクローゼットの奥にというものではなく、むしろいろんなスタイルングにもっと合わせたいし、ヘビーローテーションで履くと思うので自分に優しくしてあげようかなと思う年初めです。

 

 

 

COOP KYOTO, BLOG 2F

kolor [カラー] 20SS PUCKERING PANTS / COOP KYOTO 2F

男性の洋服選びはボトムスから始まることが多いように思います。 朝シャワーを浴びながら今日は何を着ようかなあと寝ぼけながら考え、結局思い浮かばず浴室から出てくると…

2020.01.29Detail>>
STAFF INABA

稲葉ブログ / 体感

先日あるアーティストのライブを見に行ってきました。 昔からすごく好きな方で何度かライブに行っているのですが、今回も骨に沁みるほどのパワーをもらいました。 別のア…

2019.12.30Detail>>