水沢基準 -DESCENTE ALLTERRAIN-

feature-ema-2015-10-descent-topimages
「DESCENTE(デサント)」の歴史は古く、遡る事1935年。
創業者石本他家男、デサントの前身である「石本商店」創業。

以来、「トップ選手が、最大限のパフォーマンスを発揮できる商品を作ること」を商品開発のベースに、野球のユニホームやスキーウェアをはじめとしたスポーツウェアのものづくりに取り組んできました。

そんな「DESCENTE(デサント)」が積み重ねてきた経験、ノウハウをもとに展開している、「DESCENTE ALLTERRAIN(デサント・オルテライン)」。

来る2015年10月30日(金)からスタートする、「DESCENTE ALLTERRAIN -水沢ダウン- POP UP STORE」に先駆けて、「DESCENTE ALLTERRAIN」が作り上げた高い水準=水沢基準をご紹介すると共に、同ブランドのアイコンと言える「水沢ダウン」を使用したスタイリングをお届けします。

是非ご覧ください。

 

feature-ema-2015-10-descent-logos

 

 

feature-ema-2015-10-descent-allterrain_logo
「DESCENTE ALLTERRAIN(デサント・オルテライン)」。
「Scene-less」、「Age-less」、「Time-less」。
特定のシーン、年齢層、そして時代性や流行性に関係なくモノ作りに取り組む事を根幹におき、「Form follows function(デザインはすべて機能性に従事したものである)」というコンセプトを掲げています。
装飾としてのデザインは全て削ぎ落とされ、あるものは全てパーフォーマンスの高い洗練されたディテールばかりです。
「DESCENTE ALLTERRAIN」が展開するコレクションの中でも欠かせないのが、岩手県奥州市(旧水沢市)の水沢工場で日本の職人によって生産されている「水沢ダウン」の存在です。
伝統ある生産背景をもった工場で最先端の技術を駆使した、高いクオリティをもった国産のダウンジャケットと言えます。

 

 

ダウンジャケットの弱点として、「水に弱い」という事が挙げられます。
どれだけ上質なダウンを使用しても、そのダウンが水に濡れてしまうと一気に保温性は失われしまいます。
しかし、「DESCENTE ALLTERRAIN」が展開する「水沢ダウン」は熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、水分含浸を防ぎ、高い耐水性を実現することでダウンジャケットの弱点である「水に弱い」という常識を覆しました。
そして、立体的な構造や伸縮性のある素材、ベンチレーションジップなどの細かいディテール。
水に負けないことはもちろん、「水沢ダウン」は身体を動かす際に重要な運動性もしっかりと持ったダウンジャケットであると言えます。

 

 

feature-ema-2015-10-descent-tt1

 

feature-ema-2015-10-descent-tt2

 

feature-ema-2015-10-descent-bnr_EVT

 

COOP E-MA

着る眼鏡 ー特別編ー

    Eyevolは、「着る眼鏡」をコンセプトに掲げる「EYEVAN」が生んだ ファッション、スポーツ、アウトドアなど様々なライフスタイル…

2019.04.13Detail>>
COOP E-MA

DRESSING MILITARY Vol.1

      Buyer’s Comment   COOP E-maの新年初売りは、自分自身も敬愛してやまない…

2018.12.26Detail>>
COOP E-MA

2018 OUTER COLLECTION LOFTMAN CATALOG vol.1

    みなさま、冬支度はいかがでしょうか? 本格的に冬の足音が聞こえてきた今日この頃。 厳選に厳選を重ねたロフトマンだけのアウターコレクシ…

2018.10.17Detail>>
COOP E-MA

Indian Jewelry Fair 2017

  LOFTMAN COOP E-ma店の夏の風物詩である「Indian Jewelry Fair」を7月21日(金)〜7月30日(日)の10日間開催…

2017.07.12Detail>>
COOP E-MA

A CLOTH THE UNIVERSE by GRENFELL & SCYE

  来たる2017年1月2日。 もう楽しみで仕方がない。 ロイヤルワラントの称号を持ち、グレンフェルクロスで有名なイギリスを代表するブランド「GREN…

2016.12.24Detail>>