BATONER〈パックTシャツ〉-1枚着の存在感×とことん使える安心感

BATONER〈パックTシャツ〉-1枚着の存在感×とことん使える安心感

 

“お気に入りの1枚のTシャツを手にとり、これからの1日にワクワクして外へ。”
なんて半世紀前までは信じられないこと。

 

時代が流れ、いつしかTシャツは”下着”という枠を超え、”ファッションアイテム”として定着しました。
多くの人にとって、Tシャツは夏のマストアイテムなのではないでしょうか。
ベーシックなアイテムだからこそ、カラー、肌ざわり、速乾性、型崩れしないか…など、人それぞれの譲れないこだわりがあるかと思います。

 

比較的お手頃なアイテムであったとしても、やはり中身を触ってみないと安心して買うことができないものですよね。
ですが、なかなか直接手に取って、”これいいかも!”と納得の上でお買い物をすることが難しいのも現状です。

 

今回は、スタッフたちが実際に試してみて、心から”いいな!”と思えた〈バトナー〉のパックTシャツをご紹介。
是非おすすめポイントと合わせて、スタイリングをお楽しみください。

 

 

 

POINT01

 

機能的な素材感

 

美しい光沢感としっとりとした肌触り、そして丈夫さを持ち合わせる、繊維長の長いコットン・エジプト産”GIZA87″を使用し、
空気圧により粗く撚られるオープンエンドという紡績方法で紡ぎました。

そんな糸を使って編まれたのがこの素材。

吸汗性、速乾性に優れていて、適度なざらつきや凹凸感により肌にベタつかない着心地を生み出します。

機能的で、ぱっと見の印象よりも質や中身重視の洋服がお好きな方におすすめです。

 

 

POINT02

 

気遣いのあるディテール

 

昨シーズンよりもリブの作りが細くなり、首・袖下がアクセサリーの映えるすっきりとした印象に。

首元のブランドロゴがプリント仕様なのも、ストレスフリーで嬉しいポイントです。

過度なゆとりはなく、カラダのラインを拾わない程度のシルエットがちょうど良い。

 

 

POINT03

 

柔和なカラー

 

WHITE、BLACK、BEIGE、L.NAVYの4カラー展開。

曖昧な色味が柔和な印象を与えてくれる。

シンプルなディテールだからこそ、それぞれの色の良さが引き立つ。

夏に気になるWHITEも透けづらく、一枚でも気にせず日々を過ごせます。

 

 

 

 

 

LOOK1. T-SHIRT STYLE

 

shirt:WHOWHAT|V-NECK SHIRT|¥30,800

inner:BATONER | PACK T-SHIRT DEGREASE COTTON | ¥4,620

bag:JUTTA NEUMANN | SUN BAG | ¥57,200

shoes:REPETTO | MICHAEL PATENT LEATHER | ¥45,100

accessries:BRU NA BOINNE | 七夕チェーン | ¥24,200

accessries:INDIANJEWELRY | SP STAR BRACE | ¥87,780

accessries:RAY ADAKAI | CONCHO RING | ¥22,000

accessries:RAY ADAKAI | TRIANGLE BANGLE | ¥30,250

accessries:STANLEY PARKER | SQUARE WIRE BRACELET | ¥30,800

 

 

 

LOOK2. NO SLEEVE STYLE

 

shirt:BANANATIME|SHORT V DRESS|¥53,900

inner:BATONER | PACK TANK TOP DEGREASE COTTON | ¥6,600

pants : STUDIO NICHOLSON | BALLOU | ¥53,900

bag:TEMBEA | FLAT HANDLE TOTE | ¥17,600

shoes:REPETTO | MICHAEL PATENT LEATHER | ¥45,100

accessries:RONNI KAPPOS | N1616 | ¥26,730

accessries:RONNI KAPPOS | N1572 | ¥18,700

accessries:EYEVAN | PHIL | ¥28,600

accessries:BRU NA BOINNE | SPミカヅキバングル | ¥41,800

 

 

 

 

 

 

 

Ohana

今年のTシャツ何にする?『patagonia』

  周りに木々が少なくビル街で、遮られることのない日差しを浴びる中、交差点で人を待つ。 地下鉄から続く長い階段を登り、地上へ向かう。 予期せぬアクシデ…

2021.06.20Detail>>
Ohana

KEENで過ごす、夢中な毎日。

  新しい生活様式に切り替わる中、女性を取り巻く環境は変わらない。 出産、子育て、仕事や家事などに前向きに向き合っていく姿はいつも素敵で、 そんな忙し…

2021.05.14Detail>>
Ohana

3style for Blundstone

  1870年、オーストラリア・タスマニア島生まれのBLUNDSTONE/ブランドストーン。 ファッション性と機能性を兼ね備えたサイドゴアブーツはブラ…

2021.02.05Detail>>
Ohana

2020 EarlySpring “Focus Item”

  寒い日が続きますが、春はすぐそこまで来ています! 何か欲しいけど、何を買っていいか分かりません!というお声にお答えすべく、’Ohana…

2020.03.06Detail>>
Ohana

2019A/W AURALEE COAT COLLECTION

  ようやく秋の気配が感じられるようになってきました。 今年のアウターはもうお決まりですか? 機能的なダウンやフリースももちろんいいけれど、今シーズン…

2019.10.23Detail>>
Ohana

2018 OUTER COLLECTION LOFTMAN CATALOG vol.2

    みなさま、冬支度はいかがでしょうか? 本格的に冬の足音が聞こえてきた今日この頃。 厳選に厳選を重ねたロフトマンだけのアウターコレクシ…

2019.01.01Detail>>
Ohana

HAPPY SUMMER ENTERTAINMENT

「HAPPY SUMMER ENTERTAINMENT」 野外フェス、海、プール、キャンプ、BBQ、花火大会。 そんな”夏の風物詩”を思…

2018.06.28Detail>>