THE INOUE BROTHERS featuring Julien Colombier

 

デザインアートスタジオ「THE INOUE BROTHERS」は、2004年、Denmark、Copenhagenで生まれ育った日本人兄弟、井上聡、清史の二人によって設立されました。
日本の“繊細さ”と北欧の“シンプルさ”への愛情を元に生まれたデザインを、彼らは「Scandinasian Design」と呼んでいます。

Parisを拠点に活動するフランス人アーティスト、Julien Colombierと彼らの出会いは2015年。
志を同じくする彼らはすぐに意気投合し、親しい友となりました。
ストリートアート出身のJulienは常にメインストリームと離れた場所に身を置く事を好んでいます。
ただ一つ、パリジャンらしくコーヒーと煙草をこよなく愛するという点を除いては。

 

ブラックのキャンバスに色鮮やかなパステルを用いて描かれるのが特徴の彼の作品は、独自性と刺激に満ちています。
けれど、井上兄弟が強く惹きつけられたのは、何よりもそのスタイルの瑞々しさでした。

また、近年THE INOUE BROTHERSでは、日本の民藝品の新しい形を作り出すことで、彼ら自身の中にある彼ら自身の中にある日本のルーツを模索しようとしてきました。
その中で出会ったのが鹿児島の陶磁器ブランド「ONEKILN CERAMICS」の城戸裕介氏です。
伝統技術とミニマルなデザインコンセプトがミックスされた彼の作品たちの中で、地元九州の陶芸文化が見事に昇華されていました。

城戸氏の代表手法の一つである、桜島の黒灰を調合した釉薬を用いたコレクション。
その天然色を目にした時、THE INOUE BROTHERSは、その美しい陶磁器をキャンバスとしてJulienの色彩豊かなアートワークと融合させてみたい、と閃いたのです。

“made in Kagoshima”ファーストコラボレーション・プロジェクトは、こうして誕生しました。

 

 

 

 

自らが掘ってブレンドした地元の土や、鹿児島のシンボルである桜島の火山灰を何種類もの鉱物と独自に調合した釉薬を使って完成される「ONE KILN CERAMICS」の陶磁器は、他には無い色味や質感の陶磁器を生み出して注目を集めている。

今回のプロジェクトでは、Julien Colombierのアートワークにマッチするように、約2年間の月日をかけて素材から釉薬に至るまで様々な試作がなされ、見事にJulien Colombierの彩り豊かなアートを生かす独特の艶と質感を持った味わいのある黒い器が仕上がっている。

Julien Colombierのアートが、まるでその特別製のキャンバスを待っていたかのように、エネルギッシュに、そして繊細に器の中で映えている様は美しいという他無いだろう。

 

こんなにも美しく、そして印象的な絵を描きあげるJulien Colombierとは一体どんな人物なのだろうか。

 

 

Julien Colombier / ジュリアン・コロンビエ

Julien Colombier / ジュリアン・コロンビエ

 

「自らの手で黒く塗ったキャンバスに極彩色のクレパスで絵を描く。」

それがJulien Colombierのスタイル。

アーティストとして始めてのデビュー展覧会は1993年に行われ、2007年には今の「ブラックキャンバスにクレパス」というスタイルの原点となる「黒板にチョーク」というスタイルでのアートの製作を始め、以来、本格的にフランスのハイレベルの厳しいアートシーンで認められ、Parisのニュースタイルアーティストとして注目されるに至った。

すぐにKarl Lagarfeltにその才能を見出され2011年のChanelとのコラボレーション以来、CartierやBulgary、Baccaratといったメゾンから、Converseに至るまで様々なブランドとのコラボレーションを実現している。

 

 

ARTWORK

 

彼の作品に多大な影響を与えているのは、彼が青春時代に最も身近にあったParisの街のスケートボードカルチャーやストリートに溢れるグラフィッティなわけだが、それらをベースにJulienは自身のセンスと絵を愛するピュアなマインドによって、彼だけが表現できる独自のスタイルを生み出し、世界中の目利きたちをうならせるに至っている。

 

自然や植物、そして時にはグラフィッティーをモチーフに、様々なカラーをミックスして描き出される作品はどれも瑞瑞しく、繊細でありながら、どれも躍動感があってパワフルである。
単純に美しいのと、見ていて自然と元気が出てくる作品ばかりだ。

世界中からの評価を得ても、自身はストリートアートの奔放さを芯に持っており、キャンバスの上だけに留まらず、ダイナミックな活動を続けるJulien Colombierが、THE INOUE BROTHERSと共感し、新しいプロジェクトに挑戦し始めたのは、非常に自然なことのように感じる。

 

では、THE INOUE BROTHERSとは、どんな人たちなのか、少し彼らの活動にも触れておきたい。

 

 

THE INOUE BROTHERS… / ザ・イノウエブラザーズ

THE INOUE BROTHERS… / ザ・イノウエブラザーズ

 

Denmark生まれ、Denmark育ち、井上聡と井上清史によって2004年より活動を開始した「デザインアートスタジオ」である。

日本とDenmarkという異なる二つの感性をバックボーンに持つ彼らが掲げるのは繊細さとシンプルさへの愛からこそ生まれる上質なホンモノのモノ作りであり、彼らはそれらを「Scandinasian Design」と呼び、様々なプロジェクトの根幹に置いている。

 

さて、THE INOUE BROTHERS…のことを語る上で、彼らが日本から、そしてDenmarkからも遠く離れた南米のアンデス地方でのプロジェクトは欠かせないプロジェクトだろう。

アルパカと生活を共にしながら生計を立てている、アンデスの人々。
THE INOUE BROTHERS…の二人は知人の紹介で遠く離れたアンデスで彼らと出会い、彼らとしばらく生活を共にすることで、アンデスの人たちの温かな人柄と、素朴でも素晴らしい文化に惚れこんだそう。
貧しくも人に温かくアンデスの人々の為に、自分たちに何か出来ることは無いだろうか…

そんな風に思うのは自然なことだったそうだ。

そして始まったのが、アンデスの人たちが昔から生活を共にしている「アルパカ」に注目したプロジェクトだった。

 

 

 

 

「世界一のアルパカ製品を作る」ことをミッションに、プロジェクトをスタートしたTHE INOUE BROTHERS…は、同じくアンデスにあるパコマルカ研究所と協力して、過酷な環境で育つアンデスのアルパカの原毛が如何に価値があるものかをアンデスの人たちに知らせることから始めたそう。

 

洋服のブランドを筆頭に、アルパカの素材を使う企業は、きちんとその価値に見合った対価を支払うべきである。という彼らのフェアな姿勢があり、そして誇りを持って生産したアルパカの原毛に確かな価値がつくことで、それに携わる人たちの確かな生活の糧にすべきという思いがあった。

そこから製品として出来上がるまでには、きっといくつもの課題や困難があっただろうが、それをすべて乗り越えて素晴らしい品質のアルパカ製品を世に送り出すに至っている。

 

それは、手に取った人たち全員に本当に「良いもの」というのはどんなものなのか?

そんな事を素直に考えさせてくれるとても温かなモノで、本当に衝撃を受けた事を覚えている。

 

 

 

 

THE INOUE BROTHERSは、アルパカのプロジェクトをきっかけに、他にもアンデスの人たちと様々なプロジェクトを行なっている。

製品として表に出てくるプロジェクトもあれば、そうでないもの、もちろんある。

けれどそのすべてのプロジェクトにおいて言えることは、携わる人達全員が笑顔になれるということだ。

 

アンデスで「The Gold Of The Andes」と呼ばれる「ビクーニャ」の原毛を使ったプロジェクトがある。
下の動画はその事をドキュメントしたもの。

ぜひご覧頂きたい。

 

 

 

 

そんなTHE INOUE BROTHERS…の手がける新たなプロジェクトが、France、Parisのアーティスト「Julien Colombier」と日本、鹿児島の陶磁器ブランド「ONE KILN CERAMICS」を繋ぐプロジェクトです。

 

鹿児島で古くから続く陶磁器の産業をベースに、現代的な作品にまで押し上げた「ONE KILN CERAMICS」の器。

その背景には火山という自然の脅威を“恵”にかえて、力強く生きてきた日本の文化があります。

そして、そんな日本独自の感性に、世界的な評価を受けるParisのアーティストの感性が足される事で、繊細で力強く、シンプルで機能に優れた、これまでにない美しい器が誕生しています。

 

普段、生活の中で使う「道具」でもありますが、何気ない食卓を特別なものへと変えてくれる魔法のような「アート」としてもテーブルの上で活躍してくれる事でしょう。

 

 

JULIEN COLOMBIER featuring THE INOUE BROTHERS meets ONE KILN CERAMICS

実は今回、この特別な器の発売を記念して特別なイベントを開催させて頂きます。

なんと今回のプロジェクトの発起人である「THE INOUE BROTHERS…」と、器の絵付けをデザインした「Julien Colombier」を店頭にお招きし、両者によるTALK SHOWと、Julien本人にその場で一枚の作品を完成させて頂くLIVE PAINTINGを行います。

 

 

 

滅多に無い、本当に特別な機会となりますので、エネルギー溢れるアーティスト達の熱さを直に感じにお立ち寄り下さい。

 

 

COOP KYOTO

HAPPY SUMMER ENTERTAINMENT

「HAPPY SUMMER ENTERTAINMENT」 野外フェス、海、プール、キャンプ、BBQ、花火大会。 そんな”夏の風物詩”を思…

2018.06.28Detail>>
COOP KYOTO

CRAFTMANSHIP WORKSHOES

映画に出てくるような、現実とは離れた突き抜けたスタイルに憧れを抱いてしまう。ボロボロな服や汚れた靴も格好良く思える。 きっとこんな服を着ていたのだろうとか、きっ…

2018.04.27Detail>>
COOP KYOTO

OUTER STYLE COLLECTION

  立ち上がりをすぐそこに控えていますが、まだまだ寒い冬は続きます。 LOFTMAN COOP KYOTOでは、今年も冬の暮らしを暖かく演出してくれる…

2017.12.25Detail>>
COOP KYOTO

the GIFT Part.2

  今年のクリスマスギフトはもうお決まりでしょうか? LOFTMAN COOP KYOTOでは、クリスマスのギフトにもオススメなアイテムを多数取り揃え…

2017.12.14Detail>>
COOP KYOTO

the GIFT Part.1

  今年のクリスマスギフトはもうお決まりでしょうか? LOFTMAN COOP KYOTOでは、クリスマスのギフトにもオススメなアイテムを多数取り揃え…

2017.12.04Detail>>
COOP KYOTO

FLEECE with HOLIDAY

冬の休日を存分に楽しむ為にpatagoniaのフリースを着てみませんか? 友人や恋人と出掛けたり、一人でゆっくりとしたプライベートタイムを満喫したり、そんな何気…

2017.10.26Detail>>
COOP KYOTO

FASHION is JOURNEY – JUNGMAVEN Styling Sample

「Life is journey.」とはよく言ったもので、人生は自分で選んで、自分の足で歩んでこそ、まさしく旅だ。 そして自分で選んだ先に何が待っているかわから…

2017.07.18Detail>>
COOP KYOTO

Patagonia Patterned Fabrics Fes – Draw Patterns –

  木々の葉や地面にゴロゴロと転がる石、青い空を流れる雲、肌のキメや髪の毛のグラデーション。 世界は色々な柄で溢れているのに、コーディネートからは敬遠…

2017.04.25Detail>>
COOP KYOTO

2017SPRING&SUMMER COLLECTION START

年が明け、様々なテーマやバックボーンを持ったブランドの2017SS COLLECTIONが始まろうとしています。 LOFTMAN COOP KYOTOでも、これ…

2017.01.30Detail>>