コートを着崩す / nanamica

毎シーズン定番的に取り扱いを続けているnanamicaのステンカラーコートは、トラッドな緊張感あるルックスを持ちながら、あらゆるシーンで抜群の性能を誇るというギア的な側面でも優れている、まさに高機能でデイリーな素晴らしい製品です。

coop-2017-0131-19

nanamica
Gore-Tex Soutien Collar Coat
¥62,000+tax

コートの表地はコットン。
目の詰まったソリッドな表情で、パリッとした色合いはベーシックなカラーリングだとスタイリングにキレが出ます。
天然素材は着込む事で味わいが出る上に、ベーシックなステンカラーコートのデザインには風情というもがあります。

coop-2017-0131-18

そして裏張りはGore-Tex。

coop-2017-0131-17

コートは一番上に、しかも毎日のように着るアイテムなので、風と雨が通らないというのは最も大切な事、そして、摩擦など外からの抵抗にも強く作りも丈夫にこした事はありません。
軽ければ尚良しです。

そういったバランスを考えた時、nanamicaのコートというのは本当に抜群に使えるコートです。

さて、ビジネスシーンでも活躍する位、静かなデザインのこのコートですが、今回は休みの日に出かける時ならどんな風にして着こなそうか…という事を考えてみました。

ボタンを閉じれば下に着るモノのデザインはわからなくなりますが、それでも前を開けて着た時や室内に入った時には分かります。ジャケットやニットの上に着て…というのが通例だとは思いますが、そうではなくてシンプルなコートのインにはワークディテールやアウトドアディテールのアイテムを合わせるというのはどうでしょうか。

例えばこんなスタイリング。

coop-2017-0131-5-15-04-38

トップスはワークジャケットのディテールにダウンベストのアウトドア色、そしてキャップでスポーツ色というミックスイメージを、

coop-2017-0131-4

ボトムスにはElephant Blancのウール素材のイージーパンツでオフの日のライトさやヌケすぎないヌケ感、少し上品なスウェット位のテンションをイメージしています。

coop-2017-0131-2

一つ一つのモノが出すイメージを少し意識しただけで、色々な要素を一つのコーディネート中には登場させる事が出来ます。
全てソリッドカラーだと味気ないので、勇気を出して色柄をワンポイント取り込むというのも要素のミックスですが、有るのと無いのとでは全体の締まり方が変わります。

coop-2017-0131-3

足元にレザーシューズを持って来ても良かったのですが、全体的にスポーツやアウトドアなテイストに振りたかったのでスニーカーで仕上げています。

一つ一つのモノが持つイメージを考えてあげて、色々と混ぜてみる。
うまくいかない事もありますが、うまくハマった時は楽しい上に、素晴らしいコーディネートになっているかと思います。
楽しむって良いですね。

coop-2017-0131-1

 

《お問い合わせ》
LOFTMANCOOP 京都
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当 : 仁井谷

COOP KYOTO, BLOG 1F

丁度良い銘品 / nakamura

LOFTMAN COOP KYOTO1Fでは、一つの感覚として、”丁度良い”という感覚も大切にしています。 何も、とことん作り込む事が全てでは無いと考えているか…

2017.01.31Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F, STAFF, STYLING

どんな要素で捉えるか / rdv o globe

FWのシーズンからLOFTMAN COOP KYOTOでの取り組みを始めて、このSSで2シーズン目となるrdv o globe。 様々な要素がミックスされた、こ…

2017.01.29Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F

最適化 / THE NORTH FACE PURPLE LABEL

世の中には”最適化”という言葉があります。 「アウトドア」というカテゴリーに注目が集まり、アウトドアブランドが様々な革新的な進化を遂げていた70年代。 今の技術…

2017.01.29Detail>>