“COOP KYOTO 2F BLOG” Work Wear for Early Summer

本日よりBANANATIMEの発売だったこともあり、お店は春〜初夏のラインナップにしっかりと切り替わっています。

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANからも、これからのシーズンのムードにぴったりの、素晴らしいデザインのアイテムが入荷して、お店に華を添えてくれています。

今シーズンの目玉であるcarharttとのコラボレーションモデルは、とうとう“ダック素材”の殻を突き破って、初夏を彩る颯爽としたチェックのシャツ生地で登場しています。

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN × carhartt
Check Work Jacket
¥72,000+tax

今シーズンの特徴である「Work Wear」の香りはしっかりと漂わせつつ、通常のそれには無い軽やか清潔感を纏わせてあるデザインに仕上がっていて、カットソーと軽く合わせたり、トラウザーのスタイルにミックスしたり、これからの季節に本当に良いムードでルーズで上質な大人の普段着のスタイルをお楽しみ頂けることでしょう。

 

そして、Levi’sとのコラボレーションアイテムももちろん登場しています。

COMME des GARCONS JUNYA WATANAEB MAN × Levi’s
Hickory Stripe Work Jacket
¥60,000+tax

白が強めのヒッコリーストライプが目を引きます。
ぱっと見確かにWork Wearなのに、その枠を飛び出して単品でファッションピースとして仕上げてしまうというところには、COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANが長年Levi’sとのコラボレーションを続けてきた理解の深さと磨き上げられたセンスを感じずにはいられません。

もちろん着込んで味わいを楽しむというメンズウェアならではの深い楽しみ方も出来るディテールですが、初めはなるべく洗い等はかけずにWork Wearなのにパリッとしたムードという良い意味での違和感を楽しみつつ、次第にへたってくる様をゆっくりと楽しみたいものです。

季節に応じて素材やディテールなどで羽織りもののテンションを変えて、季節感を演出する。
地味ですが、デザインのあれこれや、その時々のトレンドを気にしすぎるよりは、それが一番粋な着こなしなのだろうと思います。
たとえそれがWork Wearのデザインであっても、季節によって細かく違っている事はなんて洒落が効いているのかと、たまらない気持ちになります。

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANの今回のコレクションがあって、また一段と洋服のことを考えるのが楽しくなってしまいました。
ファッションは奥深いし、自由ですね。

(TEXT 仁井谷)

 

 
《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:仁井谷

COOP KYOTO, BLOG 2F, COMME des GARCONS

“COOP KYOTO 2F BLOG” ×karrimor

イギリス発祥で、60年以上の歴史を誇る「karrimor」 登山をする時に機能的で使い勝手の良いザックのイメージが非常に強いブランドですが、一体誰がkarrim…

2018.02.04Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 2F, COMME des GARCONS

“COOP KYOTO 2F BLOG” Not Painted

ワンシーズンのうちに何度かCOMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANのデリバリーはあります。 そのシーズンの立ち上がり、一番の盛り…

2018.03.07Detail>>