“COOP KYOTO 2F BLOG” モノトーンに柔らかさを

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANの2018SS COLLECTIONの立ち上がりは、残念ながら少し延期という形になってしまいそうですが、気をとりなおして本日のBlogです。

この冬は“モノトーン”に少し注目していました。
“モノトーン”というと、シュールでクールな印象。スマートで平面的なイメージが先行します。
温度的に言えば“冷んやり”としているのがモノトーンのスタイルですが、そこに少しの温かみを足せると、コーディネートに遊び心が生まれて少し自然なムードで出かけられるのではないか、温かみのあるモノトーンスタイル…なにやら非常に面白みのある予感です。

親しみやすい“温かみ”を出すのなら、シルエットや素材感が重要ではないでしょうか。
例えばQUILPのジャケットとパンツの素材感やシルエットには、普通のブラックアイテムが持たないような角の取れた柔らかなムードを感じます。

 

ジャケットはと言えば、使ってあるパーツや二重の前たてや大きな胸ポケットなど、一つ一つのディテールは力強いのに、変わり織りでカモフラージュの柄を表現した素材やショート丈なのに、結構極端にAラインになったシルエットからジョークのような柔和な遊び心を感じますし…

QUILP
Bradbury / Camouflage
¥45,000+tax

パンツもミリタリーのオーバーパンツを題材にしながら、さらにジッパーやウエストのドローコードも結構骨太です。
でも、ハードでクールな感じにはなっておらず、柔らかなムードのブラックパンツに仕上がっています。

QUILP
Thompson / Camouflage
¥31,000+tax

確かにクールな印象を匂わせながら、ソフトなムード、どこか“温かみ”を感じるようなムードに仕上げてしまうのが、QUILPというブランドが生み出すデザインの真骨頂の一つだなと、改めて感じてしまう仕上がりのアイテムでした。

 

モノトーンには欠かせないホワイトは、思い切り良質なシャツで、思い切り発色の美しい白で表現したら、あとは手織りのツイードや柔らかなカシミア素材で飾り付けを足せば、モノトーンのクールな印象もありながら、モノトーンなのに視覚的な温度の高いという非常に面白みのある気持ちが良いスタイルが出来上がるのではないでしょうか。

 

力強さの中にある、確かな可愛げ。
QUILPのクリエイションにはいつも癒されますね。

(TEXT 仁井谷)

 

 
《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP
tel:tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:仁井谷