“COOP KYOTO 2F BLOG” COOP2FのDown Wear

11月も半ばに差し掛かり、冬の訪れをすぐそこまで感じるようになってきました。
京都の冬は寒いので、温かく快適に過ごすには、クローゼットの中にダウンウェアは欠かせません。
装いはシーンによりますし、寒いシーンには寒いシーンに適した装いをしているのが一番ファッショナブルでイカしています。

今シーズンは以前に紹介したCOMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANとTHE NORTH FACEのコラボレーションによる“ダウンジャケットらしいダウンジャケット”のラインナップの他にも、ダウンウェアらしからぬルックスを備えたラインナップもARC’TERYX VEILANCEより揃っています。

最先端のテクノロジーを、もったいぶらずに盛り込んで、贅沢に作られたプロダクトのクオリティは本物で、ARC’TERYXの技術水準だからこそ生まれる、非常にシュールで美しささえ感じるアイテムは必見です。

ARC’TERYX VEILANCE
Patrol Down Coat
Size : M
¥220,000+tax

Patrol Down Coatは防水のシェルとインナーのダウンの取り外しが出来、それぞれで独立して使うことが可能なプロダクトです。

 

冬といっても毎日毎日とてつもなく寒いわけでは無いので、温度調節をしながら着られるコートがあると非常に便利です。
シュール過ぎて、ただのシンプルなコートのように見えますが、圧倒的な立体性を可能にする、緻密で複雑に入り組んだパターンが生み出すフォルムの美しさと驚くほどストレスの無い着用感は、実際に着て頂くとご納得頂けるかと思います。

アウトドアやスポーツとはかけ離れた、テーラリングのようなシュールなムードは、いつものダウンジャケットを使ったコーディネートとは異質なムードが出てくれるので、より幅広いスタイルにお使い頂けます。

 

それからもう1型が、ステンカラータイプのダウンコートです。

ARC’TERYX VEILANCE
Galvanic Down Coat
Size : S / M
¥165,000+tax

今度はシェルとダウンが一体型のコートです。
最大の魅力はステンカラータイプのベーシックなデザインですが、これもやはり着ると圧倒的な立体感があり、非常に心地よい緊張感を醸し出してくれます。
数少ないオフシーンにだけ使うのはあまりにも勿体無いので、ビジネスシーンや冬場の冠婚葬祭などの特別なシーンでもヘヴィーユースしたいコートです。

素材もそして縫製やカッティングも、何から何まで現代の技術水準があるからこそ生まれるテーラリングの最新型がARC’TERYX VEILANCEのウェアです。
是非とも天然素材のセットアップスタイルと合わせて、シュールに遊びも効かせながら羽織りたいものです。

物自体がファッションでもありながら、ギアであるってとても価値がありますよね。
今年の冬こそ一着最高のスペックの相棒を手に入れては如何でしょうか。
(TEXT 仁井谷)

 

 
《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP
tel:tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:仁井谷

COOP KYOTO, BLOG 2F, COMME des GARCONS, STYLING

“COOP KYOTO 2F BLOG” お家芸

「ウールを縮絨させる」 というテクニックにおいて、COMME des GARCONSの右に出るブランドは無いと考えております。 素材が縮絨し過ぎて硬さやハリが出…

2017.11.14Detail>>