“COOP KYOTO 2F BLOG” お家芸

「ウールを縮絨させる」
というテクニックにおいて、COMME des GARCONSの右に出るブランドは無いと考えております。

素材が縮絨し過ぎて硬さやハリが出過ぎる事もなく、でも縮絨してなさ過ぎてスカスカとした物足りない感じでも無い。
ソフトなタッチでありながら、縮絨されたウールの風合いも抜群という、正に絶妙な加減で縮絨されているのがCOMME des GARCONSの生み出す縮絨素材のクリエイションです。

さて、いかんせんコレクションブランドなので、そんなお家芸な縮絨のアイテムに毎シーズン出会える訳では無いのですが、今シーズンは、縮絨素材を使った比較的シンプルなデザインのラインナップが大豊作だったので、大喜びしている所です。
まずはステンカラータイプのコートです。

COMME des GARCONS HOMME
Wool縮絨 Soutien Collar Coat
¥79,000+tax

ベーシックなスタイルのコートのデザインでも、縮絨素材になると通常のステンカラーコートが持つかっちりと、そしてひんやりした印象が程よく抜けて、カドの取れた柔らかな印象を残してくれます。
それはまるで長年着込んだコートのような小慣れたムードで、色々なアイテムとのコーディネートを楽しませてくれます。

ベースのデザインがシンプルな分、結構遊びを効かせたコーディネートを組んでも、意外にしっくりとバランス良くハマるので、思い切って強いデザインのアイテムや思い切り素材感の違うアイテムとミクスチャーして合わせるのが良いのではないでしょうか。

 

それからコートがもう1型。今度はChesterタイプのコートです。

COMME des GARCONS HOMME
Wool縮絨 Chester Field Coat
¥84,000+tax

“Chester Field Coat”と呼ぶと、妙にドレッシーで力の入った印象になってしまうので、裏地付きのショップコート位の感覚で着るのが一番しっくりと着こなせます。
くしゃくしゃですしね。

ライダースジャケットなど、硬さや重さのある、いわゆる「男らしい」アイテムの上に気軽にふわりと羽織るだけで、コントラストの効いた表情豊かな良いムードに仕上がります。
まさにショップコートくらいの感じで羽織ってきましたというスタイルです。

時には逆転させて着るのも良いでしょう。
その位、軽く柔らかい“着易い”冬のコートです。
こういう特徴はメルトンやツイード素材には無い、COMME des GARCONSのWool縮絨ならではの、自由に着こなす楽しみです。
もともとの用途をちょっとだけ逸脱するのは結構気持ちもスッとします。

 

そして最後にジャケットです。

COMME des GARCONS HOMME
Wool縮絨 3B Jacket
¥79,000+tax

3Bタイプでシャツにもニットにも相性が良いジャケットです。
COMME des GARCONS HOMMEのジャケットは、こういうくしゃっとした素材感でもかなりきっちりと作り込んであるジャケットなので、みすぼらしい感じが全く出ず、品の良い抜け感を楽しみながら着られます。

ツイードやコーデュロイなど固かったり、重かったりする素材とは全く違うソフトでライトな着心地で冬らしいスタイルを演出して頂けます。
せっかく軽くて柔らかい着用感のジャケットなので、素材の良いニットの上にふわりと着て、コートとのコンビネーションで楽しむと良いですね。
ついでにパンツも冬をイメージしたカラーや素材のモノを選ぶと、日本の四季を最大限に楽しめるスタイルの完成です。

COMME des GARCONSの作るWool縮絨の素材のクリエイションを一度お試し頂くと、かなりクセになって頂けるかと思います。
何度も言及しますが、毎シーズンリリースされるわけでは無いので、ぜひあるシーズンに手にとってお試し下さい。

(TEXT 仁井谷)

 

 
《お問い合わせ》
LOFTMAN COOP
tel:tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当:仁井谷