本当は誰にも教えたくないもの / OLD TOWN ORDER EXHIBITION Vol.5

前回のBLOGの最後で、次回はLeYucca’sの事を…なんて言っていましたが、少しバタバタしている間にLe Yucca’sのシューズが完売してしまいましたので、また次回、来春に今回とはまた違うモデルで入荷する予定なので、その時にでも少しお話させていただければと思います。

さて、何にそんなにバタバタしていたかと言えば、実は次回のOLD TOWN ORDER EXHIBITIONの日程が決まりました。
なので今回はお先にそのご報告をさせて下さい。

 

 

OLD TOWNの洋服は不思議なもので一見何の変哲も無いような洋服に見えるのだが、一度着用して着こんでいくといつのまにか何故か気がつくと自然に手が伸びてしまうようになる。

ORDER EXHIBITIONももう何度か開催させて頂いているわけだが、足を運んで下さる方々も“顔なじみ”の方が回を重ねる毎に増えて言っているように感じる。

OLD TOWNのAtelierがあるHoltは、本当に絵に描いたようなイギリスの片田舎の小さな町だ。
そこで数十年にわたって変わることなく続けられているOLD TOWNのモノ作りには、いわゆる「Fashion」とはまた違う、とてもマイペースな時間の流れを感じることが出来る。

本国のAtelierでも、「顔なじみ」らしいお客様が“季節”や“環境”の変化に応じて毎シーズン必要なアイテムだけをオーダーしていく姿をしばしば見かける。
すごい速さで移り変わる流行の世界とは真逆なその様子を見ていると、OLD TOWNがホッと一息落ち着くことの出来る洋服である事を再確認する。

今回のORDER EXHIBITIONでも本国のOLD TOWNのスタイルを尊重して、ゆっくりといらして下さる皆様と楽しみたいと思っています。「ダラダラしたいだけだろ!」と周囲には本音がバレていそうですが… 笑

とは言え前回の海外出張でも、Londonからガタンゴトンと電車に揺られながら、長時間かけてしっかり彼らのAtelierにもお邪魔してきた。
到着してからの第一声は「今回はしっかりと時間を見ながらミーティングをしよう。」と言われた(笑)

到着前に内心で「帰りはまた車で駅まで送ってもらおう。」と企んでいたが針を刺されてしまった…
十分な時間を取っていたハズだがとても内容の濃いミーティングのおかげで楽しい時間はすぐに過ぎ去った。

その時のミーティングの成果はまだまだ企画の段階だがとても楽しみな企画が上がった。
大ベテランのOLD TOWNの二人だが、最近はかなりこちらからの提案も聞き入れてくれるようになってきた。

国や文化が違っても“顔を見せる”というのはやはり大事な事なのだろうか?
と、何だかプレッシャーを感じてしまった(笑)
それでは今回も本国のスタイルを尊重して、皆様とゆっくりとORDER EXHIBITIONを楽しみたい!

と思っております(笑)(笑)

 

 

OLD TOWN
Order Exhibition Vol.5

LOFTMAN COOP E-ma    2017.10.28.SAT – 2017.10.30.MON
LOFTMAN COOP KYOTO    2017.11.03.FRI – 2017.11.05.SUN