BRANDLOFTMAN取り扱いのブランド紹介

marimekko / マリメッコ

マリメッコとは、独創的なプリントや色使いから世界中で愛されるフィンランドのデザインハウスです。 マリメッコは1951年、明確なヴィジョンを持った女性アルミ・ラティアにより設立されました。 独自のスタイルを持ってファッション、バッグ、小物からホームデコレーションまでを展開する、真のライフスタイルブランドが世界に先駆け生まれた瞬間でした。 設立当初から現在に至るまで、マリメッコは一貫したミッションを掲げてきました。時代に流されることのない、機能的でわかりやすいデザイン。大胆なプリントや色使いを通じて、人々を勇気付け、幸せと喜びをもたらしたいと願い続けてきました。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

MUUN / ムーニュ

MUUN/ムーニュは、フランス人と日本人、ふたりの女性デザイナーが手がけるカゴを中心にしたアクセサリーブランド。 MUUNの製品はフランス・パリの小さなアトリエで企画され、アフリカ・ガーナで職人の手で一つ一つ編まれています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

mont-bell / モンベル

1975年、辰野勇は2人の山仲間、真崎文明、増尾幸子と共に「株式会社モンベル」を設立しました。 日本の多雨湿潤の気候に合うスリーピングバッグ、レインギアの研究開発から始まり、以来“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”をコンセプトに商品開発を行っています。モンベルの歴史は、近年のアウトドア用品の進化の歴史といっても過言ではありません。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

MYSTERY RANCH / ミステリーランチ

米軍の特殊部隊などに採用され、究極のバックパックとして名高いMYSTERY RANCH/ミステリーランチ。 創業者のデイナ・グリーソンは、30年以上バックパック業界の第一線に君臨し続けているデザイナーです。元修理職人としてバックパックの弱点を知り尽くしていた彼は、その本質をよく理解していました。 グリーソンは1970年代にバックパックを作り始め、のちにデイナデザインを設立しました。 そこで、パックの外側に挟み込むことで荷物を固定するショビットポケットや、1本のアルミニウムステイと2本のカーボンやグラスファイバーによるフレームシステム、デイジーチェーンなど、現在では多くのメーカーに採用されている革新的なアイデアを次々とカタチにし、バックパックに技術革新を起こした賞賛されました。 その後、デイナデザインはK2社が買収し、デイナ・グリーソン自身はデイナデザインを離れました。K2社と競合する事業を一定期間行わないことを定めた契約の終了を待ち、デイナ・グリーソンが再起をかけて2000年に設立したブランドがMYSTERY RANCHです。 デイナ・グリーソンの理想はシンプルです。 それは、過酷な状況下でバックをハードに使い込むユーザーに対し、抜群に心地よく、並外れた耐久性を持つパックを提供すること。その実現のためには、たゆまぬ革新性、斬新な思考力、高品質な材料、新しい技術が求められます。困難な道のりですが、デイナ・グリーソンを中心としたMYSTERY RANCHの開発チームは日々改良を重ね、ユーザーからの信頼を勝ち得ています。 常に「これ以上のクオリティはない」と言えるほどの製品を目指すMYSTERY RANCHは、何よりもユーザーの声を重視します。サポートしている各分野のアンバサダーからのフィードバックと、MYSTERY RANCHの誇る最高の技術がバックパックを日々進化させているのです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ