BRANDLOFTMAN取り扱いのブランド紹介

1 / 31 2 3

EYEVAN 7285 / アイヴァン7285

「着る眼鏡」をコンセプトとして、1972年にスタートし、1985年には世界進出を果たしたEYEVAN。
約40年の時を経た2013年、新たなデザインチームがそのEYEVANのクラフトマンシップを引き継ぎ、自分たちが今、本当に美しいと思える物をかたちにしたコレクション“EYEVAN 7285”を発表。
そんなEYEVAN 7285は、世界トップクラスの眼鏡生産地である福井県鯖江市の熟練した職人の手作業と最新の機械によるマシンメイドの複合した生産工程により製作されています。
それは約400を超える工程であり、丁寧に時間をかけて作り上げられるEYEVAN 7285の眼鏡は工業製品というよりも現代の工芸品と呼ぶに相応しいものです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Eyevol / アイヴォル

「Eyevol」は、「着る眼鏡」をコンセプトに掲げる「EYEVAN」が生んだ ファッション、スポーツ、アウトドアなど様々なライフスタイルシーンをボーダレスに楽しむ人たちの為のアイウエアブランドです。 「EYEVAN」らしいクラシックで普遍的なデザインをベースに、フレーム素材に耐久性・軽さ・バネ性に優れた「TR-90」、 テンプル内側とノーズパッドにはゴムのような素材特性を持ち耐油性・耐候性に優れた樹脂素材「TPE」を採用し、 紫外線を99%以上カットし歪みが少なく長時間の装用でも快適に過ごせる「CR-39」製レンズを搭載しています。 わずか「23g」。 フレーム素材「TR-90」と「TPE」の素材特性を最大限に生かし、計算された重量バランスにより ボリューム感のあるデザインながら従来のプラスチックフレームに比べ驚くほど心地よい装用感を実現しました。 デザインから製造まで全ての工程を「Made in Japan」にこだわり、 最新のマシーンメイドと職人の手作業により「Eyevol」は作られています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

AURA / オーラ

ポーランドのダウンガーメンツブランド。 1989年、Yetiというブランドネームにてポーランドで創業。 一人のK2登頂者との出会いをきっかけに、過酷な大自然に立ち向かう登山家のサポートを第一目標としてダウン製品の製造がスタート。創業当時は社会主義から民主主義へと大改革が行われた大きな転換期。ポーランドと世界をつなぐ扉が開いたばかりのなか激しい競争の中での製品作りの開始だった。 28年間ダウン製品をポーランド製にて製造続けてこれたのは、 世界でも知られるポーランド産グースから高品質で環境対応しているダウンを国内で調達できていることが大きな要因の一つといえるだろう。 そして登山家やクライマーへの提供、他ブランドのOEM供給、さらにはミリタリーやポリス関連の製品供給により、 現場からフィードバックされた内容を製品に落とし込みアップデートしてきたことがカスタマー達のニーズにマッチしたからこそ。 さらにアウトドア・ミリタリーフィールドで培った経験と生産体制を背景に、 アーバンユースに適した機能的なラインナップにも意欲的にチャレンジしている。 現在では日本を含め世界8カ国に展開をしている。 小さなメーカーだからこそできる細やかな対応と製造ラインをポーランド国内に持つことの強みを生かし、さらなる進化を追い求める。 「AURAの製品を着用していただければ、率直に良さを実感していただけるところを見つけていただけます。」 と、代表のエルズビエッタ・セラーさん。 2017年、満を持して「AURA/オーラ」としてリブランディング。 ブランド名はポーランド製「AURAダウンガーメンツ」から発する暖かいオーラで「寒さから守る」という意から。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

alvana / アルヴァナ

時間記録。 アーカイブを重ね合わせることで新しい「モノ」が生まれる。 固定概念にとらわれない、新しい時代に向けた商品づくり。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

OLDMAN’S TAILOR / オールドマンズテーラー

時代の流れの中で消えていく技術、素材。それらを見直し、守っていきたい。美しいけれど少し不便なもの、不便だからこそ愛おしくて魅力的なもの。また、とにかくシンプルなもの。シンプルだからこそ味わいを増し、時と共に生活に馴染んでいくもの。これらをキーワードに、こだわりのあるライフスタイルを提案する。 しむら祐次・とく夫妻が2001年に立ち上げたOLDMAN’S TAILOR/オールドマンズテーラー。山梨県富士吉田市を拠点とし、元はとく氏の実家である絹織物屋からスタート。地元の伝統的な織物産業、特にリネン生地の生産に力を注ぐ。 すべての製品は、家族を中心とした自社工場による完全自社生産体制を貫いている。原料はヨーロッパから取り寄せた亜麻を使い、糸の生成には富士山から流れ出る豊富な湧き水を利用し、生地も昔ながらのシャトル織り機で織られています。そうやって生み出される製品群は、決して生産効率は良くないものの、人の手のぬくもりを感じられる、シンプルながら個性的で高品質な、長く愛用できるものばかりである。 日本の伝統産業に立脚しながらも、ヨーロッパ、特に英国のアンティークや古着にも造詣の深いしむら夫妻の世界観はデザインにも反映され、どこか現代の洋服ではないような、異国情緒漂うデザインとなっている。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

L.L.Bean / エルエルビーン

L.L.Bean/エルエルビーンは1912年にレオン・レオンウッド・ビーン(L.L.)によって設立。 熱心なアウトドア愛好家であったL.L.は、機会があるごとに狩猟や釣りを楽しみました。メイン州の冷たい、湿った森で、ハンターの足を暖かく、乾いた状態に保つ適切なフットウェアは当時、ありませんでした。L.L.は地元の職人に、丈夫なレザーのアッパーと防水のラバー底を縫い合わせたシューズの製作を依頼。こうして快適で機能的なブーツ「メインハンティングシューズ」愛称ビーンブーツが誕生しました。それがアメリカで最も成功している家族経営ビジネスの始まりです。 その後も、フィールドコート、シャミークロスシャツ、トートバッグなどの名作をはじめ、様々なアウトドアギアを開発、今では年間売上高14億ドルを超える世界的企業に成長しました。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

EESETT&Co / イイセットアンドコー

大正6年創業で宮内庁御用達だった名門テイラー上原洋服店、そしてSavile Rowの老舗Denman&Goddard Ltd.のビスポークで、本格的なテイラーリングとカッティングの修行を積んだ中澤淳明氏が手がける「EESETT&Co(イイセットアンドコー)」。 確かな技術に裏打ちされた質の高さはもちろん、デザインもできればパターンも引けるからこそ生み出せる、自由で細部まで作り込まれたコレクションは「時を経ても趣のある服、孫息子がやがて祖父の服を着れるように」というブランドポリシーを独自のアプローチで実現しています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

WOOLRICH / ウールリッチ

180年を超える歴史を持つアメリカのアウトドアブランドWOOLRICH/ウールリッチ。その歴史は、1830年にイギリス移民のジョン・リッチ2世が、ペンシルバニア州ブラムランにアメリカ発のウーレン・ミルズ(毛織工場)を建設したのが始まりです。 当初は野営地を転々としながら馬車で生地を売り歩いていましたが、やがてソックスやひざ掛けなどの自社製品を開発し、次第に評判を得るようになります。 南北戦争中は北軍のためにブランケットを製造、その後ハンター用ジャケットやパンツなどの多くの新製品を生み出していきました。さらに第二次世界対戦が莫大な需要をWOOLRICHの工場にもたらし、やがてアメリカ社会において、「原料(羊毛)から製品までの一貫生産を行える、最も信頼ある会社」として名を広めました。また、アメリカンカジュアルを代表するチェック柄といえば、赤×黒のバッファローチェックですが、ハンティングのさいにハンター同士の誤射を防ぐために、WOOLRICHによって開発されたこのチェック柄は、現在もブランドのアイコンとして親しまれています。 1970年代、アラスカからアメリカへの天然ガスパイプラインを引く際の作業着として開発した極寒地用ワークウェアである、アークティックパーカー。この歴史的パーカーが、イタリア名門サッカーチーム「A.C.ミラン」のベンチウォーマーに採用されたことから瞬く間に、爆発的なヒット商品となりました。アークティックパーカーは誕生以来30年以上経った今日も、ウールリッチのアイコンとして、現在も多くのファンを魅了し続けています。 長い歴史の中で様々な変化を遂げてきたWOOLRICHですが、お客様一人一人を大切にする心は受け継がれています。WOOLRICHを愛する人々との絆が生み出す製品のあたたかみは、WOOLRICHのDNAとして受け継がれ、今もなお輝き続ける、数少ない歴史あるアメリカブランドです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Arrow Novelty / アローノベルティ

1900年代初頭のニューヨークで、ネイティブアメリカンスーベニアジュエリーを手がけていたArrow Novelty/アローノベルティ社。ジュエリーの生産が南西部に移り変わり、やがて同社は消滅。 今はなきアローノベルティ社のカタログアーカイブや古い資料などから、1900年から1930年代当時のようにナバホのシルバースミスによるハンドメイドやキャストワークを用いてジュエリーを製作。当時のようなスーベニアジュエリーを復刻させました。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

ARC’TERYX VEILANCE / アークテリクス ヴェイランス

1989年にカナダのブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーでスタートして以来、最高の品質かつパフォーマンスの高い素材を卓越したデザインと融合し、それぞれの用途に適した革新的な方法で、耐久性に優れた製品を世に送り出してきた、カナダのアウトドアブランド「ARC’TERYX/アークテリクス」。 その「ARC’TERYX/アークテリクス」が年数を重ねて培ってきた技術を駆使して、都市生活を送るための快適性とファッション性を追求したラインが「ARC’TERYX VEILANCE/アークテリクス ヴェイランス」です。 シンプルで無駄のないミニマムなデザイン、人体の動きを解剖学的に追及した複雑なパターン、ミクロレベルでの繊維構造から研究された最適なファブリックの厳選、それら全てを追及したプロダクツは、かつてない最高のレベルで機能とファッションを融合させ、都市生活密着した究極のコレクションを生み出します。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ
1 / 31 2 3