谷尻ブログ(仮) – Fowl Vest [Red]/Engineered Garments

皆様、こんにちは。

谷尻です。

今回は、Engineered Garments(エンジニアドガーメンツ)の新作、Fowl Vest(ファウルベスト)のご紹介です。

EGのスタイリングのなかでもベストはアクセントとして使われることの多いアイテムかと思いますが、今回のファウルベストもそんなベストの一種です。

ボディは今期らしいメッシュで、ポリエステル/コットンのポケットが同色で付いています。

ボタンも小さめのスナップボタンが使われていたり、今期らしい仕上がりです。

ネーミングになっているFowl(ファウル)には、猟鳥を撃つ、という意味があり、狩猟の際に道具を入れておけるためのシューティングベストという射撃用、狩猟用のベストがベースとなっています。

構造的にも、大きなポケットが非常に取り出しやすい位置に取り付けてあるという、本当に道具を持ち運び、出し入れのしやすさのみを考慮した作りになっています。

鞄を持つのがお嫌いなデザイナー様らしいアイテムです。

背面にも大きなポケットがあります。

実際のハンティングであれば狩った獲物を入れておくのにちょうど良さそうですが、私生活においては買ってから毎日着ていますが今のところ使ったことはありません。

ただ、デザイン的には前後のバランスや丈の面からみて確実にあったほうが良いので、バックポケットを使わないことはさして問題にはなりません。

体の硬い私でも、着ながらなんとかバックポケットにアクセスできますので、いつか使い道も見つかるかもしれません。

垂れ下がっている紐を結ぶことで身幅の調整もできますので、身幅の広いコートなんかを着ていてもその上からも着ることができます。

アームホールもかなり大きくなっていますので、着るアイテムを選びません。

紐は、邪魔であればポケット内に仕舞っておけますが、個人的には垂らしていたほうがアクセントになりますし、アクセントにするために不必要なくらい長くしているのだと思いますので、垂らすのがお勧めです。

もちろん、ベストですのでシャツの上、ジャケットの下に着ることもできます。

ルックブックではこちらの合わせ方でしたね。

こちらの合わせ方でも普通のベストとは違った見え方をしますし、通常は一番上に着るはずのシューティングベストをインに着るという、オリジナルにはない着方という面でも魅力的です。

色の展開は私が着ているレッドと、ボディのメッシュ部分がネイビーでポケット部分がブラックのベーシックなネイビーブラックの二色でご用意しております。

レッドは、インに着れば差し色として使え、アウトに着ればインパクトのある主役になれるベストですし、オリジナルのシューティングベストがオリーブやカーキといった森や自然に馴染むような色が多いなかで、オリジナルにはないであろう尖った色がファッションに振り切れていて最高です。

もちろん、形が着慣れない分、ネイビーブラックのベーシックな色でバランスを取るのもお勧めです。

メッシュで通気性も良いため、TシャツやロンTの上から着ても蒸れず、これからの時期に最適です。

どんどんシンプルになるこれからの時期に、アクセントになる鞄いらずのファウルベストはいかがでしょうか。

brand = Engineered Garments
model = Fowl Vest [8.5oz Pro Mesh]
color = Red
price = 29,000yen(plus tax)

*Engineered Garmentsの商品はLOFTMAN EQでも販売しています。

《お問い合わせ》
tel:075-212-3988
mail:bd273@loftman.co.jp
担当:谷尻

BDLOGO