谷尻ブログ(仮) Short Collar SH [Mini Gingham Big St.]/Engineered Garments

皆様こんにちは。

谷尻です。

今回は、前回ご紹介のBedford Jacket(ベッドフォードジャケット)のインナーに着ていたShort Collar Shirt(ショートカラーシャツ)のご紹介です。

ショートカラーの名のとおり、襟はコンパクトになっており、第一ボタンや第二ボタンを開けたときにも襟が遊ばず、ラフに着こなすときにも非常にバランスの取りやすい襟型です。

また、フロントのボタンが隠れる比翼仕立てとなっているうえに、EGのシャツには珍しくポケットの柄合わせをしているので、サイレントかつ柄が全面に出てくる仕様です。

また、フレンチシームという表からは縫い目が見えない手のかかる縫製方法も要所に用いられており、カジュアルシャツなんですけどフォーマルシャツのディテールが盛り込まれています。

サイドのスリットも深くないので、タックアウトしていてもバランスを取りやすいです。

ジャケットやブルゾンを羽織ったときに、インナーのシャツのボタンが見えるのは当たり前なのですが、シャツのボタンという当たり前のディテールを排除することにより、一見するとわかりにくいのですが、サイレントな印象になります。

さらには、シングルニードルテーラリングというすべての縫製箇所を一本針で行うという時間も手間もかかる縫製方法が採用されています。

ワークウェアに用いられるトリプルニードル(三本針)の頑丈なイメージとは対象的に、美しくサイレントなシングルニードルテーラリングは、製品洗いをかけることで運針がより密になり、耐久性もあがるという実用的な面も持ち合わせています。

シーズンの前半から後半になるにつれて、買った服を足していけばいい秋冬と違い、前半に買った物からシーズンが進むにつれて着るアイテムが減っていく春夏シーズンは、どうも立ち上がりから後半(真夏)のことを考えた買い方に個人的にはなってしまうのですが、そんなときに、やはりシャツというのは重宝します。

インナーからシャツ一枚になる季節まで、もっというと、コットンの物であれば通年着ることができるシャツは、いつ買っても損をしないアイテムです。

春夏シーズンを、シャツから始めるのはいかがでしょうか。

brand = Engineered Garments
model = Short Collar Shirt [Mini Gingham Big St.]
color = Dk. Navy×Grey
size = XS/S/M
price = 30,000yen(plus tax)

*コチラのEngineered Garment Short Collar Shirt [Mini Gingham Big St./Dk. Navy×Grey]はLOFTMAN EQの下記販売ページより別途詳細がご覧頂けます。

brand = BRU NA BOINNE
model = レインボーデニム
price = 38,000yen(plus tax)

*コチラのBRU NA BOINNE レインボーデニムはLOFTMAN EQの下記販売ページより別途詳細がご覧頂けます。

《お問い合わせ》
tel:075-212-3988
mail:bd273@loftman.co.jp
担当:谷尻

BDLOGO