A CLOTH THE UNIVERSE by GRENFELL & SCYE

feature-ema-2016-12-sp-item-topimages
feature-ema-2016-12-sp-item-tt01

 

来たる2017年1月2日。

もう楽しみで仕方がない。

ロイヤルワラントの称号を持ち、グレンフェルクロスで有名なイギリスを代表するブランド「GRENFELL」と、
イギリスのテーラリングをベースに素晴らしいパターンやカッティングでモダンなスタイルを提案する「SCYE」。

イギリスというワードでリンクする2つのブランドに別注依頼して作っていただいたアイテムを同時発売することが決定致しました。

この2つのブランドをクロスオーバーさせたスタイリングは必見。

新年第一弾に相応しいスペシャルアイテムを是非ご覧下さい。

 

GRENFELL
GRENFELL

 

GRENFELL

ゴム引きのコットンやオイルドクロス、目のしっかり詰まったウールメルトンなど英国を代表する魅力的なものは幾つもある。

その中でも僕らが今回フューチャーするのは”グレンフェル クロス”で有名なアウターメーカーであるGRENFELL。

GRENFELLのコートは、トレンチコートで有名なバーバリーや、アクアスキュータムとならび称される名品で、グレンフェル クロスは洋服好きなら一度は耳にした事があるであろう、まさに憧れの生地である。

元を辿れば探検家でもあり医師であるグレンフェル卿のために作られた生地であり、熟練の職人によって緻密に織られた玉虫色のそれは雨風を防ぎ、軽量で、とても美しい。丈を長めに取ったエレガントなルックスは一流のコートと呼ぶに相応しい風格があります。

今回別注したコートの名は”Kilburn”。
モダンでスタイリッシュに進化した現在のモデルを、僕らなりに解釈した今着たいGRENFELLのコートがここにあります。

 

 

 

SCYE
SCYE

 

SCYE

今回SCYEに別注依頼したのはパンツ。
GRENFELLのコートに合わせるなら、良い意味で力の抜けたラフさのあるパンツが欲しい。
そう考えると現在のジーンズのベースとなる5ポケットのパンツが良いんではないかと思い浮かんだ。

100年以上もの歴史があり、長い年月を経て現在の形がある5ポケットのパンツに、SCYEの独自のパターンやディティールが加わったパンツ。

せっかく別注するなら自分達が愛用しているモデルが良いとなり実際に店長岡村とスタッフ岡本が履いているパンツでもあるSCYE BASICSの”ルーズフィットテーパード5P”をベースに別注しました。

その名のとおりルーズなシルエットながらも、股上が深く膝下から強めのテーパードを効かせたサルエルパンツのようなシルエットで、大きめのボタンやリベットなど自然と目が奪われる意味のあるディテールの数々がポイントです。

自分達が実際に履いていて快適だと思う、やや短めのレングスに仕上げ、採用した生地は今回特別に用意していただいたダック生地。加えて以前にもリリースされていた、色落ちや経年変化を抑え特殊な加工が施されているエバーリジッドデニム。

デニム、ダック共にワークウェアを連想するファブリックながらも無骨な印象はなく、スッキリとした印象に仕上がりました。

あくまでカジュアルウェアとしての洋服作りを忘れないScyeならではの秀逸なパターンがあってこそ、フォーマルなスタイルに傾きすぎず、僕らが表現するGRENFELLのコートを着たスタイルに馴染んでくれます。

 

 

 

 

 

feature-ema-2016-12-sp-item-image03

 

 

grenfell-banner

 

 

scye-banner

 

feature-ohanae-2016-12-outer-topimages
COOP E-MA

OUTER COLLECTION 2016-17 FALL/WINTER

  もう気づけば、もう12月。いよいよ冬も本番。 どうせなら、お気に入りのアウターで 冬を過ごしたいですよね? 今回のFEAUTERでは、’…

2016.12.10Detail>>
feature-40th-2016-09-bean-topimg
COOP E-MA

LOFTMAN MEETS L.L. Bean

創業40周年。 ロフトマンにとってアニバーサリーイヤーとなる2016年、新たなブランドを取り扱うことになりました。 そのブランドとは、創業から変わらず̶…

2016.10.21Detail>>
feature-ema-2016-09-bertl%ef%bd%b0topimages
COOP E-MA

SCHUH BERTLと、僕。

僕が「SCHUH BERTL/シュー ベルテル」を好きになったのは憧れのあの人が履いていたから。   当時は名前も分からない靴だったが、ただ強い存在感…

2016.09.26Detail>>
feature-ema-2016-06-favorite-topimages
COOP E-MA

僕らの好きなもの

誰にだって好きなものは必ずある。 そして好きなものを好きになったきっかけは人それぞれだ。 好きな色、柄だったから。 パッと見て格好良かったから。 身近にいるあの…

2016.06.14Detail>>
feature-ema-2016-05-ergo-topimages
COOP E-MA

Ergonomics -Minimum Design,Maximum Function-

ストレス無く、自然で効率の良い動き、状態。 それらを実現すべく、人間をとりまく環境、そしてモノを設計することを目的とした、「人間工学=Ergonomics(エル…

2016.05.17Detail>>
feature-ema-2016-04-alden-topimages
COOP E-MA

Fabrication Locale vol.2 The BORDERLESS

「Fabrication Locale」=「軍事品ではなく、軍隊や軍人などの小規模な範囲でニーズを満たすため、またはグループの団結心を高めるために使用されていた…

2016.04.04Detail>>
feature-ema-2016-03-leather-topimages
COOP E-MA

Grasp the LONDON JACKET

遂に楽しみにしていたイベントが幕を開ける。 2016年3月26日(土)から始まる、英国製のレザージャケットをプロダクトする 「JAMES GROSE(ジェームス…

2016.03.23Detail>>
feature-ema-2016-02-DF-topimages
COOP E-MA

Let’s Duffle -The Historical Duffle Coat is Beautiful-

1951年に英国国防省の委託を受けて終戦で不要となったダッフルコートの販売をスタート。 それがすぐに売り切れてしまうほど人気だったため、自らダッフルコートの生産…

2016.02.24Detail>>
feature-kyoto-2016-01-willraunch-topimages
COOP E-MA

SPECIAL GARMENTS 2016.01 WILL RAUNCH

  CLASSのデザイナー堀切さん。東京のL’ECHOPPEのバイヤー金子さん。そして弊社チーフバイヤーの中西。 生粋の服好き3人の出会いから生まれた…

2016.01.07Detail>>
feature-ema-2015-12-khaki-topimages
COOP E-MA

FABRICATION LOCALE vol.1 「THINK KHAKI」

「FABRICATION LOCALE」というフランス軍の用語があります。 それは、「軍事品ではなく、軍隊や軍人などの小規模な範囲でニーズを満たすため、またはグ…

2015.12.18Detail>>