EESETT & Co SHOP at LOFTMAN COOP KYOTO

feature-kyoto-2016-10-eesett-topimages
 
LondonのSavile RowにあるBespokeの老舗「Denman&Goddard」にて、本格的なTailoringとCuttingの修行をした中澤淳明氏が、日本に帰ってきて2003年に立ち上げたEESETT&Co。

確かな技術に裏打ちされた質の高さはもちろん、デザインも出来ればパターンも引けるからこそ生み出せる自由に細部まで作り込まれたコレクションは、「時を経ても趣のある服“孫息子がやがて祖父の服を着れるように”」というブランドのポリシーを独自のアプローチで実現しています。

LOFTMAN COOP KYOTOでは10/28(金)~10/30(日)の3日間、そんなEESETT&Coの2017SS COLLECTIONの先行受注会と、2016FW COLLECTIONと過去のCOLLECTIONを集めたPOP UP SHOPを開催させて頂きます。

 

 

 

feature-kyoto-2016-10-eesett-tt1
feature-kyoto-2016-10-eesett-image001
 
EESETT&Coが素晴らしいのは、まず“デザインをする”という事を非常に大切に扱っている所。

シンプルでクセの少ないデザインが歓迎される風潮にある今、非常に逆行しているように思えるが、それはEESETT&Co独自のデザインに対しての哲学がある。
中澤氏は「オリジナルのデザインは永遠」と言う。

その通りなのかもしれない。

ちょっとしたカッティングやステッチなど、細部まで緻密に考え込まれたデザインにこそ、人の思いは宿る。
誰だってそういう物である程、熱狂もすれば愛着だって抱く。
世の中がどうであろうと、それが好きだと言って愛用している様にはやがてスタイルが出来上がる、そうして永遠のデザインというのは生まれるものなのでは無いだろうか。

永遠に残るデザインを…という哲学の込められたクリエイションはどれも胸をときめかせてくれる魅力に包まれている。

 

 

 

feature-kyoto-2016-10-eesett-tt2


 
毎シーズン発表するEESETT&Coとしてのクリエイションがある一方で、それとは別に全てを手縫いによって中澤氏本人が縫い上げる「Kiyoaki Nakazawa for EESETT&Co」というラインも存在しており、そのクリエイションからも“デザイン”にかける中澤氏の哲学がひしひしと感じられる。

なんとカッティングを全てギザギザに歪ませ、それを一針一針縫い上げるという、途方もなく手間のかかるセットアップを作っている。
誰もそんなことは思いつかなければ、誰もやろうとも思わない。自らがデザインをし、パターンを引き、そして縫い上げる事ができる中澤氏ならではの唯一無二のクリエイションである。

そこには手間を惜しまず、自分の哲学を貫く凛とした強いスタイルを感じる。

 

*今回のEESETT&Co SHOPでは、この「Kiyoaki Nakazawa for EESETT&Co」も展示致します。
また、10/30(日)には中澤氏を店頭にお招きしているのでオーダーもお受けさせて頂きます。
詳しくはスタッフまでお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

 

 

feature-kyoto-2016-10-eesett-tt3


 
2017SS COLLECTIONでも、魅力溢れるデザインを纏ったクリエイションが登場しているが、EESETT&Coの魅力は何もその唯一無二のデザイン性だけでは無い。EESETT&Coのクリエイションはどれも確かな技術に裏打ちされた、確かな質の高さを誇っている。どれだけ素晴らしい発想で永遠のデザインを生み出そうと、それが洋服である以上、洋服としてのスペック無しには何にもならない。
EESETT&Coの洋服は驚くほど体に馴染み、また、着て洗ってを繰り返すことでその味わいを増していく。
初めから完成しているのでは無く、着ていくことで初めて完成するクリエイションなのである。

一般的なイメージの中にあるワークウェアとは全く違うが、EESETT&Coの作る洋服は確かに日常の中に溶け込む“ワークウェア”である。

「着て、洗い、直し、また着る。」
仕立ての良い服ほど、着込んでクタクタになった様が美しいものは無い。
EESETT&Coの洋服は、そんな強く逞ましい美しさを持っている。

 

 

 

feature-kyoto-2016-10-eesett-tt4


 
LOFTMAN COOP KYOTOにて、初めてEESETT&Coの取り扱いを始めた時に一際目を引いた、これまで見たことの無いシルエットを描いていたTrousers。

「HARDY」という名前の付いたそのTrousersが、LOFTMAN EXCLUSIVEとして復活し、今回のEESETT&Co SHOPに並ぶ。

ワークパンツには無いTrousersの作りと美しい縫製によって生まれる緊張感を持ちながら、独自のパターンによってスタイルを選ばずドレスアップからルーズに抜いたスタイルにまで合わせる事が出来る素晴らしいTrousersである。HARDYのようなTrousersがクローゼットの中にあれば、ドレスでもカジュアルでも無い、衣装的でも無ければ個性が無い訳でも無い、世界に一つだけ、自分だけのスタイルを生み出す事が出来る。

生地は2種類。

適度なツヤ感のある柔らかく揺れるウール素材のグレーと、起毛感のあるしっとりとしたウール素材のブラック。
股上の深い独自のシルエットを楽しみながら、時には洗ったりしてクタクタになっても穿きたいEESETT&CoだけのTrousersである。

EESETT&Co for LOFTMAN COOP KYOTO EXCLUSIVE
TAPERED TRS “HARDY”
¥34,000+tax

 

 

 

feature-kyoto-2016-10-eesett-tt5
feature-kyoto-2016-10-eesett-image002
 
2017SS COLLECTION ORDER EXHIBITION
POP UP SHOP
2016.10.28.Fri – 2016.10.30.SUN

 

-Attention-
* オーダー会にてオーダーして頂く際、お先に内金として現金で¥10,000をお預かりさせて頂きます。
* オーダーして頂いた商品の入荷は4月頃を予定しておりますが、やむをえない事情で前後することもありますので予めご了承下さい。
* オーダーして頂いた商品のお客様のご都合によるキャンセル、返品等は一切お受け致しかねますので予めご了承下さい。

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

COOP KYOTO

2017SPRING&SUMMER COLLECTION START

年が明け、様々なテーマやバックボーンを持ったブランドの2017SS COLLECTIONが始まろうとしています。 LOFTMAN COOP KYOTOでも、これ…

2017.01.30Detail>>
COOP KYOTO

40 Years Anniversary LOFTMAN

1976年6月。   京都、一乗寺に小さなジーンズショップがオープンしました。その名も「Captain(キャプテン)」。 ご存知の方はいらっしゃるでし…

2016.09.17Detail>>
COOP KYOTO

OAKLEY Lab.

今年も暑い夏がやって来ようとしている。 夏の強い日差しを乗り切るのに、お気に入りのアイウェアの存在は必要不可欠。 アメリカ、カリフォルニア州のOAKLEYのアイ…

2016.07.16Detail>>
COOP KYOTO

DAWSON DENIM Hand Made in Great Britain

DAWSON DENIMをご存知だろうか。 イギリス、Brightonにアトリエを構え、エプロン、ジャケット、ジーンズやバッグなどのWork Wearを生み出し…

2016.06.08Detail>>
COOP KYOTO

DAY TRIPPER “AMERICAN FOLK ART STYLE”

Folk Artというものには人を惹きつけてやまない独特な魅力があります。 もともと地域地域の生活や文化に根ざして生まれてきたFolk Artには、“ギア”とし…

2016.05.11Detail>>