AMERICAN ATTACHMENT

AMERICAN ATTACHMENT
UNITED STATES OF AMERICA…

誰しもが必ず耳にするこの響き。その響きから連想されるフレーズは自由であり、夢であり。

響き一つで受けるイメージは様々ではあるが、アメリカは常に変わらぬ憧れを持たれる国ということは間違いないだろう。

USAという言葉はファッションにおいても関わり深く、これまで数々のスタイルを支え続けてきた。

そして、これからも変わらずこの業界を支え続けてくれるだろう。

我々はそんなアメリカを憧れずにはいられないのだ。

 

今回はアメリカをイメージ、生産国、供給先とアメリカに関係の深いATTACHMENT(付属品)を当店から多種多様に展開することとなった。

ブランドによっては初耳の方、既にご存知の方もおられるとは思うが改めてご紹介していきたい。

 

 

AMERICAN ATTACHMENT part1
briefing/ブリーフィング
強靭なミルスペックを兼ね揃えつつも、タウンユースに焦点を合わせ、ビジネスのオンオフ共に活躍してくれる逸品を作り出すBRIEFING/ブリーフィング。

素材には、防弾チョッキにも使用されるバリスティックナイロンを使用する事で圧倒的な強度を誇り、長期に渡って消費者のパートナーになってくれる。

デザインに関しては、黒の鞄に赤のステッチといったアクセントを入れる事で絶妙な仕上がりに。そういった意味では従来のビジネス鞄の無骨なイメージを一新したと言っても過言ではないだろう。

また、ビジネス鞄だけでは無くタウンユース用の鞄も豊富に展開しており、日々我々に革新的な目新しさを与えてくれるブランドである。

 

 

 

AMERICAN ATTACHMENT part2
DISPTCH/ディスピッチ
DSPTCH/ディスピッチは、リチャード・リウによって2010年にアメリカ・サンフランシスコでカメラストラップメーカーとしてブランドをスタート。

ミリタリーハードウェアからインスピレーションを受け、現代のプロフェッショナルやトラべラーに合った高い耐久力と機能にこだわった製品を日々研鑽している。素材には1680デニールのバリスティックナイロン、デュラフレックス製のファスナー、ミルスペックのベルトが使用されるなど非常に耐久性が高く、信頼性も高い。

そういったこだわりがプロカメラマン注目の的となり、様々な分野で話題を呼んでいる。

生産国に関してはアメリカ・サンフランシスコ製を徹底し、今も尚、機能性とフォルムを追求した製品を世界に発信し続けている。

 

 

 

AMERICAN ATTACHMENT part3
DATUM/デイタム
DATUM/デイタムは、トム・コーニグが、クラシカルな製品に現代的で都会的な機能を盛り込んだアーバン・アウトドアをコンセプトにしたアウトドアギアブランドである。

このブランドの多くはキャリーノミクスという信念の下、人間工学と素材の科学に基づいた快適で効率的なアウトドアギアとして生産されている。素材には、コーデュラ社独自のナイロンを使いうことで、強度はさることながら日々使えば使うほどに経年変化が付き愛着のある逸品に仕上がっていく。

タウンユースにも目線を向け、収納部屋の多さや細部にまでこだわりをみせる為、様々な局面でも対応できる機能美を持つ。

アウトドアとして豊かな歴史を歩んできたアメリカ・カリフォルニア州にて生産され、MADE IN USAを守り続けている。

 

 

 

AMERICAN ATTACHMENT part4
NORTH WORKS/ノースワークス
“世界で一番美しいと呼ばれたコイン”その名は19世紀にアメリカで製造されたモルガン(モーガン)コインという。

NORTHWORKS/ノースワークスはそのモルガンコインや19世紀当時の様々なコインを使用し、シルバーアクセサリーを作り続けている。コイン本来が持つ美しさや変わらぬ価値を持つモノを1点ずつ手作業で丹念に作り上げていき、その地道な作業によりコインにはそれぞれ独特の表情が生まれる。

同じ製品であっても経年変化一つで表情が違う。NORTHWORKSはそういったオリジナリティ溢れる面白さを気付かせてくれる。

また、ヴィンテージコインを身に付ける事は先人達のアメリカンスピリットを感じさせてくれるので、アメカジスタイルをより助長させてくれるだろう。

 

 

 

AMERICAN ATTACHMENT part5
TSUNAIHAIYA/ツナイハイヤ
“インディアンジュエリー”であり、そうでは無く、“シルバーアクセサリー”のようでそれとは似て非なるもの。

一見、ただの言葉遊びのようであるが、これがTSUNAIHAIYA/ツナイハイヤを語るに一番的を得ているだろう。アーティストであるKUWANO氏は日本人でありながらサンタフェの芸術大学を主席にて卒業し、インディアンジュエリーを日本人ならではの観点から製作している。

素材もスターリングシルバーのみならず日本古来からの伝統品や刀に使われていた“赤銅”を使用するなど、常識にとらわれない圧倒的な世界観を持つ。

TSUNAIHAIYAは、アメリカが誇るインディアンジュエリーを新たな一面から魅せる唯一無二のブランドなのである。

 

 

 

AMERICAN ATTACHMENT part5
MARATHON/マラソン
MARATHON/マラソンは、1931年にカナダで設立されて以降、その高性能さから様々な国軍に軍用特化した時計を提供するブランドである。
軍用特化とはいえ、ミルスペックを通過する企業は圧倒的に数少ない。

現在ではアメリカ政府直々に依頼を受け、実際に製品を支給している企業はMARATHON社のみといったくらいである。

生産に関してはジラール・ペルゴやタグ・ホイヤーなどが本社を置く、スイスのラ・ショード・フォンの工房ですべて作られており、正確に時刻を刻む信頼性は何よりも高い。

MARATHONはその信頼性もさることながら、ミルスペックを満たすその強度から実用性も兼ね揃えた逸品を作り続けているブランドである。

 

 

 

ファッションを語るに外せないアメリカ。

今回の紹介だけではアメリカを紹介しきるには程遠いだろう。

しかし、少しでも魅力に共感していただけたのならば是非、手にとってアーティストたちの想いを感じていただければ幸いである。

 

 

feat-eq-logo
掲載商品はLOFTMAN EQでも一部展開しております。

 

 

1981

EEL サクラコート STYLING「春来たれり」

  冷たく、寒い冬を乗り越えた先に春はやってまいります。 桜は春の代名詞であり、まだツボミであっても想像するだけで我々の気分を高揚させてくれます。 桜…

2017.01.13Detail>>
1981

n100 2016A/W Styling Collection

「n100」の2016A/Wアイテムを使ったスタイリングです。 シンプルながら上質な素材の素晴らしさを感じれるアイテムばかりです。 9月22日(木)から9月25…

2016.09.12Detail>>
1981

CANADA GOOSE 2016-17 FW COLLECTION

  「もっとも暖かい服であり続けること」を掲げるカナダグース。 その言葉通り妥協のない素晴らしい製品を世に送り続けています。 今年も本格的な冬シーズン…

2016.09.01Detail>>
1981

orSlow×LOFTMAN1981 exclusive cargo shorts ver.2

私たちLOFTMAN1981で取り扱うブランドの中でも、今や中核となったorSlow(オアスロウ)。 圧倒的なクオリティでありながら、安定した品質と供給を実現し…

2016.04.22Detail>>
1981

New&Old loftman1981 OUTER SELECTION

  私たち、LOFTMANの良いトコロ。 それは、毎年新しい発想で刺激を与えてくれるブランドアイテムと、 変わらぬ姿勢で常にアイコンたり続けるファクト…

2015.12.21Detail>>
1981

RAINY BLUE – 時雨と、碧-

冬の雨は、冷たい。 地面を、草木を、身体を濡らしていく。 そんな冷たく重たい空気の中で、情景に馴染みながら、それでいて映える色。 それが、碧です。 1981の中…

2015.11.14Detail>>