orSlow×LOFTMAN1981 exclusive cargo shorts ver.2

feature-1981-2016-04-orslow-topimages

私たちLOFTMAN1981で取り扱うブランドの中でも、今や中核となったorSlow(オアスロウ)。

圧倒的なクオリティでありながら、安定した品質と供給を実現している、Japan productの結晶。

アメリカを中心としたワーク・ミリタリーウェアに由来するベーシックなディティールを丹念に解釈し、再構築するその姿勢は、業界でも唯一無二と言っても過言ではありません。

 

そして、そのorSlowを一代で作り上げ、今も不退転の姿勢で走らせ続ける人物。

代表兼デザイナーの、仲津一郎氏。

氏と我々とは、ブランドの設立初期よりお付き合いさせて頂く、師弟であり同志と言えましょう。

 

そんな仲津氏に、我々の為のスペシャルなアイテムを作って頂きたい!

その思いそのままをぶつけ、今シーズン、一つの別注を依頼しました。

-ロフトマン別注 カーゴショーツ-

存在しそうで他に無く、扱いやすくも個性的。

まさにorSlowらしく、LOFTMAN1981らしい、渾身の別注。

 

その発売を記念し、スペシャルイベントを企画致しました。

その詳細は下方バナーからご覧頂けます。

 

今回のFEATUREは、そのイベントミーティングの風景を交え、別注のショーツにフォーカスした内容にてお届け致します。

是非とも我々LOFTMAN1981渾身の、そして仲津氏が率いるorSlow自身の別注を、ご覧いただければと思います。

 

tie up!! orSlow gallery view
tie up!! orSlow gallery view
tie up!! orSlow gallery view
tie up!! orSlow gallery view
tie up!! orSlow gallery view
tie up!! orSlow gallery view
interview with Mr.NAKATSU LOFTMANクルー(以下L) : 仲津さんとは、気付けば結構長いお付き合いをさせて頂いてますね。 仲津さん(以下N) : そうですね。LOFTMANさんとは、僕がブランドを始めたかなり初期からのお付き合いです。 最初はペインターパンツと、U.S.ネイビーのパンツの2型だけ置いてもらってましたね。 (L) : そういえば、元々僕たちLOFTMANとは縁があったと伺ってますが…。 (N) : そうです。まだ僕が随分と若くて、服作りの勉強をしていた頃、京都のCAPTAIN(LOFTMAN Co. 一号店)で現LOFTMAN社長の村井さんに、縫製で使うコットン100%の糸の話を伺ったのが、実は一番最初のお付き合いです。 あれから随分と時間が経って、今自分が作っている物がLOFTMANに置いてあるって、なんだか感慨深いものがありますね。 (L) : たしかに、素晴らしいご縁ですよね。 そのご縁があるから、今回のように特別な別注を依頼できたり、今日みたいに押し掛けて散らかしたり(笑)できるわけで…。 この別注について、どう思われますか? (N) : まずこの生地ですけど、国産の良い生地だっていうのは、触ってもらえると分かると思います。 昔ウチで展開していたU.S.MARINE CORPSのパンツと同じ生地で、ヘリンボーンの生地目がシャープで、履き込んでいった時の表情がすごく良い。 長く長く愛用してもらえる、とてもウチらしい生地だと思います。 (L) : このヘリンボーンは、前回の別注の時から僕らも気に入っています! 重量感もあって、カーゴのデザインとは見事にハマりましたね。 このデザインって、今はインラインでの展開はされていないですよね? (N) : そうですね。6年前くらいにリリースした時は、ハリのあるコットンウェザークロスでした。 あの生地も、あれはあれで良かったですけど(笑)。 このデザインでの別注をされているのは、LOFTMANさんだけですが、これは大成功ですね。 (L) : ありがとうございます! コンパクトだけど男っぽくもあって穿きやすい、こういう塩梅のカーゴショーツって、意外と他に無いんですよね…。 (N) : かなりミックスしたデザインですけどね(笑) M-51タイプのポケットですけど3ポケットで、生地はU.S.MARINE CORPSですし…。 良いとこ取りですね。 このポケットが物を入れると良い感じに膨らんで、丸いシルエットになるのが、個人的にも気に入っています。 (L) : あと、折って穿いても、そのまま穿いても良いこの絶妙な丈感も、かなりお勧めなポイントですね。 こうやって分析してみると、我ながら良く出来た別注だな、と…(笑)。 (N) : 本当に良いものが出来ていると思いますよ。 発売が楽しみですね! 僕もイベント中はお店にお伺いしますので、よろしくお願いします。 (L) : ありがとうございます! では引き続き、よろしくお願いします

 

 

LOFTMAN1981 exclusive orSlow item view

 

 

orSlow STYLW view

 

 

GLASSES:OKURA/JACKET:SCYE BASICS/SHIRTS:KENNETH FIELD/TIE:Drake’s/BELT:Anderson’s/WATCH:GS/TP/SHOES:JOSEPH CHEANY&SONS 

CAP:South2 West8/JACKET:SCYE BASICS/SHIRTS:ROUGH&TUMBLE/SHOES:CONVERSE/BAG : DATUM

HAT:disce gaudier/JACKET:BLUEBLUE/SHIRTS:H.R.MARKET/PARKA:KAPTAIN SUNSHINE/SHOES:RED WING/BAG:South2 West8 

feature-1981-2016-04-orslow-tt004-4

 

 

feature-1981-2016-04-orslow-evt_bnr

 

1981

EEL サクラコート STYLING「春来たれり」

  冷たく、寒い冬を乗り越えた先に春はやってまいります。 桜は春の代名詞であり、まだツボミであっても想像するだけで我々の気分を高揚させてくれます。 桜…

2017.01.13Detail>>
1981

n100 2016A/W Styling Collection

「n100」の2016A/Wアイテムを使ったスタイリングです。 シンプルながら上質な素材の素晴らしさを感じれるアイテムばかりです。 9月22日(木)から9月25…

2016.09.12Detail>>
1981

CANADA GOOSE 2016-17 FW COLLECTION

  「もっとも暖かい服であり続けること」を掲げるカナダグース。 その言葉通り妥協のない素晴らしい製品を世に送り続けています。 今年も本格的な冬シーズン…

2016.09.01Detail>>
1981

AMERICAN ATTACHMENT

UNITED STATES OF AMERICA… 誰しもが必ず耳にするこの響き。その響きから連想されるフレーズは自由であり、夢であり。 響き一つで受けるイメー…

2016.07.16Detail>>
1981

New&Old loftman1981 OUTER SELECTION

  私たち、LOFTMANの良いトコロ。 それは、毎年新しい発想で刺激を与えてくれるブランドアイテムと、 変わらぬ姿勢で常にアイコンたり続けるファクト…

2015.12.21Detail>>
1981

RAINY BLUE – 時雨と、碧-

冬の雨は、冷たい。 地面を、草木を、身体を濡らしていく。 そんな冷たく重たい空気の中で、情景に馴染みながら、それでいて映える色。 それが、碧です。 1981の中…

2015.11.14Detail>>