COOP KYOTOstylingの記事

COOP KYOTO, BLOG 1F, STAFF, STYLING

便利さもウリ / COMOLI

独特のビッグシルエットが目を引くCOMOLIのコートのラインナップ。 シーズンによってもSSかFWかによっても使う生地がもちろん変わるのですが、SSのコレクショ…

2017.03.25Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F, STAFF, STYLING

Raunched New Collection / whowhat

whowhatの新しいコレクションが立ち上がっています。 ルックスからして”ベーシック”とはかけ離れたwhowhatのクリエイションは着てコーディネートする事を…

2017.03.23Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 2F, STYLING

イタリアの素晴らしい仕事 / Rota

徹底して、クオリティを追い求めるモノ作りというのは、本当に人を感動の渦に巻き込んでくれます。 そして古き良きイタリアのモノ作りというのは、決して派手で煌びやかな…

2017.03.22Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 2F, STYLING

French Taste / Fileuse d’Arvor

春夏のシーズンになると、どうしてもFrenchのテイストをミックスしたコーディネートが組みたくなります。 それは長かった寒い冬が明けた時、重厚かつ重いトーンのコ…

2017.03.14Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F, STAFF, STYLING

コーディネートに手仕事を

人が人の手から産み落とされた”手仕事”を、無意識のうちに欲してしまうのは最早仕方のない事なのかもしれません。 人の手仕事が生み出すモノには、どんなに科学技術が進…

2017.03.11Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 2F, STYLING

What’s Basic? / Beaver of Bolton

秋冬のシーズンに大変好評頂いたGolfer Jacketが、少し春のシーズンを意識したカラーバリエーションで入荷しています。 バイヤーの中西が海外出張の折、Be…

2017.03.11Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F, STAFF, STYLING

SASSAFRAS / FOR ALL… vol,144

テーラードジャケットを着たらスウェットパンツ。 スウェットパンツを穿いたら革靴を履く。 「キメ過ぎる」とか「ラフ過ぎる」のはどこか恥ずかしい気持ちになります。 …

2017.03.09Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F, STAFF, STYLING

シンプルの中のパーソナル / Tapia LOS ANGELES

無装飾なシンプルなスタイルは貫きながらも、カッティングやパターン、縫製や素材など洋服のクオリティを突き詰める事によって、日常的で色気のあるコレクションを展開して…

2017.03.04Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F, STAFF, STYLING

606とコートシューズ / Levi’s, Nike

ジーンズというと「501」がまず頭に浮かびます。 そして「501」は男のファッションにとって永遠の定番的アイコンでもあります。 でも、それとは別に愛して止まない…

2017.03.03Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 2F, STYLING

Loose / FRANK LEDER

”ルーズ”と聞くとあまり良いイメージが湧き上がってきませんが、着こなしにおいては”ルーズさ”を取り入れ方というのは、衣装っぽくない、街の装いをするにはとても重要…

2017.02.28Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F, STAFF, STYLING

SASSAFRAS / FOR ALL… vol,143

レイヤリングについて考えてみました。 Patagoniaの3レイヤリングシステムのような、肌着(ベース)+中間着(ミッド)+上着(アウター)の計算されたレイヤリ…

2017.02.28Detail>>
1 / 241 2 3 4 5 23 24